YouTube、虚偽の著作権侵害申し立てを行ったユーザーを提訴、虚偽申請を禁止に - ねとらぼ

93コメント 2019-10-21 09:49 ねとらぼ

被告は人気YouTuberに著作権を侵害されたと虚偽の申し立てをしていました。

ツイッターのコメント(93)

海外では虚偽通報をyoutubeが提訴した例もあるようです。
アメリカでの話

虚偽の著作権侵害申告をし
チャンネル主に対して
「金を払わないと3回目の著作権侵害の申請をする」
と金を脅し取ろうとした者が
YouTubeから訴えられ
「今後虚偽の申し立てをしない」
という条件で和解している
今回のDMCA虚偽申請犯も、僕らが訴えるまでもなくTwitter社にクソ怒られるのでは?
「虚偽申請を禁止に」ということは、TV局に使用を許可した元動画がTV局やその代理人から著作権侵害だと申請されるケースも禁止してくれるのでしょうか。
虚偽のDMCAによるアカウント凍結が頻発してるTwitterも、きちんとこれをやるべき。 >
ふむ。Twitter社もかういふ方向で動いてほしいわね。:
これでイタズラや嫌がらせの抑止力になるな。 - ねとらぼ
カラオケの原盤権に対する第三者の虚偽申請も減るかな。
--
どんぶらこしてきて。へー。でも結果出るのに時間がめっちゃかかりそう。(2019年10月の記事)>
商標ブローカーのやってる事はコレと一緒です。(実質的に)虚偽の商標権侵害申し立て。

- ねとらぼ
 
PR