TOP > ネタ・話題 > 「久しぶりに電書アプリを開いたら本が読めない」ツイート拡散 サポートは既に終了 出版社が対応を表明 - ねとらぼ

「久しぶりに電書アプリを開いたら本が読めない」ツイート拡散 サポートは既に終了 出版社が対応を表明 - ねとらぼ

84コメント 登録日時:2019-06-15 20:45 | ねとらぼキャッシュ

引き継ぎ期間は過ぎていましたが、出版社が対応すると発表しました。...

Twitterのコメント(84)

小学館少年コミックス、こうなってんだよな>
電子書籍に踏み込めない最大の理由…サービス終了とか考えるとやっぱり紙だよなぁ…
本でも音楽でも、やはり手元に残しておきたいものは実物が一番ですね。
あえて問題点を指摘するなら、久しぶりに開いた時の移行手段をアプリ内に提示出来ていなかった点で、移行先もあるし、個別対応もしてるし、概ね問題ないのでは。
後日委託元に迷惑かけるとか…💩やん

国や特定団体の補助金や融資を受ながら あっけなく撤退してゆくIT企業は 腐るほどおる
多くが破産申立で回収逃れ

それ国債・地方債枠からのお金ですよ
投資失敗が確定した国債の「虚しい未来利息」(後の税金)を払う市民の立場になれよ
アプリの中身の話〜突然だったらビビるw
こんなことがあるから家に蔵書が増えるのである。イロイロ片付けたい
電子版の怖いところですよね
電子書籍は、エロあるところは潰れないだろうという理由でdmm
やっぱり現物が一番
こういうことがあるから安いときに買えるようなやつしか買えない。
「小学館デジタル事務局「無料引き継ぎ期間を過ぎた後、お問い合わせをいただいたお客様に対しては個別対応」(要約)」従来の紙の方が楽。「 」
電子書籍ストアの終了のやり方問題。
アプリ内だけの告知、引き継ぎ作業を行わないと全部消える(救済がない)、では、特に一時休眠ユーザーの不利益が大きい。

出版社が対応を表明-ねとらぼ
「小学館少年コミックス」アプリの話、小学館からのコメント出てた。以前引き継ぎ対応はしてたのね。
ツイート拡散は9日、それを受けて対応発表したのが13日。
こういう事があるので、電子書籍メーカーは吟味している。気軽にメーカーを決めることは無いなぁ。
|
久々の小学館お前そういうとこやぞ案件か。アプリ内のみの告知はアウトやろ……。bookwalkerもちゃんと引き継ぎしてくれればいいが。
アプリ内で通知してたって:
こういうのが怖くてKindle以外の電子書籍には手が出せないんだよね。
追加対応でユーザ救済したのは良いことだけど、こういうことがあるとユーザは何を購入していたのかという哲学的な疑問が生じる。
サポート力皆無、告知がガバガバで炎上案件 /
電子書籍の脆弱性。こういうのが面倒だから電子書籍にイマイチ踏み込めないでいるけど、便利ではあるんだよね~(紙媒体派の意見)
誰もが自分の使っている媒体に関心を持ち続けているわけではありませんからねえ。
いろいろな意味で丁寧な対応ではと。
周知が足りない。アプリからの導線がないとねえ。

-
告知はしてたんだ
こんな情報を見つけたよ
こういう移行作業ってユーザ側からはホント無駄で迷惑
システム変更のためユーザー側で引き継ぎ操作が必要なケースは、今後同様な問題が起こりうる。サービス提供者は、ライトユーザーの存在を忘れがち。今回のような穴が開かない為の対策を怠ればユーザーは益々離れる。 / “「久しぶりに電書アプリを開いたら本が読めない」ツ…”
紙の本とほぼ同じ値段で売っててこれだからなぁ→
電子書籍利用のリスク(サービス終了)について考えさせられる記事。でもこれからも電子書籍でいく
アプリ内で告知なんて告知無しに等しい。てか、アプリが変わるならサービス側が自動で引き継ぎ処理やっとけよと。なんでユーザにやらせるんだよ。 /
ウーム、電子書籍全般の脆弱性。
さすが電子書籍取り扱いダメダメ小学館の所行。//
サービス終了後にもお知らせをずっと出しておく必要があるタイプならアプリも更新してメッセージ出した方が良さそう /
こういうこともあるから、お気にの本は物理で持ってたほうがいいのかもな…
電子書籍で一番不安になるのは、こういうところなんですけどね…。業界ぐるみで補償されるようになれば普及につながりそうですけど…😓【ハルカ】
引き継ぎ期間が半年間もあるのは良心的では /
かねて指摘されていたことですが、この弱点を電子書籍はクリアしないとね。
電子書籍という超長期サービスを、出版各社が各々自前で運営し続けるのは大変だと思う。なので全出版社の電子書籍の配信サーバーを一元化すれば、サービスの持続性と利便性が一気に改善すると思う。しかし政府による検閲・改竄・思想統制も捗るので、長期的には負の面が強そう
少なくとも運営元は公式サイトに載せけ案件かな。 /
アプリ内だけでの告知ってのが不手際だよな
これが電子書籍等オンラインでのみ利用できるものの問題点やね。
こういう事態が起きるのだから購入した書籍を持ったままで他の電子書籍アプリに移行できるしくみを作るべきだよ。
引き継ぎ自体はできるようだし、その点はよかったのではないだろうか…/
電子書籍元年から言われてきた「サービス終了で読めなくなる」問題だが、「終了は2018年8月に本アプリ内で告知し」ただけでは、さすがに救済必要かな…
少年画報社もアプリ移行してるみたいだけどアナウンス無いんだよなぁ。
こうなりますよね。普通に考えればこうなります。回避できていることもありますが、それは関係者が相当例外的な努力を積み重ねた結果です。とても永続的に信用できるとは言えません。それでも紙の本より安ければ割り切れるんですけどね…
アプリ内告知で半年のみは、気づかないよなぁ。別口あるなら簡単に検索で見つかるようにしておく必要あるだろう。自分だと有料で買った英辞郎がiOSバージョンアップで使えなくなったとかあったなぁ。ゲームとかも。 / “「久しぶりに電書アプリを開いたら本が読めない」ツイ…”
アプリ内で告知してたらしいが、アプリ開かないと伝わらない /
このお役所仕事的な…シェアが海外に奪われるわけだ、って思ってしまう /
iOSのまいにち中国語もアナウンス無しで全巻ロストしてるんだけど、NHKに問い合わせたが、そんなん知らん的な返信が来た。問い合わせ先が違ったのかも知らんが。
確かにこれは電書の問題点ではあるんだけど、3年も読んでなかったのならそれは必要なかったってことだし、引き継ぎ期間を半年儲けてた小学館側には落ち度ないよな。
-  出版社が対応を表明
そろそろ死人が出ますようお祈り申し上げます♥️
「本アプリ内で告知し」連絡手段あるだろ?メアド登録かSNS連携登録だろうし。恐ろしいな→
こういうこともあってKindle一強になっていくんだろうな
アプリ内告知……|
購入した書籍は無料で後継サービスへ移行出来るらしい。
“本アプリはデジタルカタパルトが弊社の依頼によって開発したもので”久しぶりに聞いたな共同印刷げんきかな、ってIR見に行って(ry。なお引継先は小学館の完全傘下で(前から?)大手は大手なりに大変だ /  サポ…”
話題になっていた件、対応してもらえるようで何より
電子書籍はKindle以外信用できないね
>本アプリで購入されたコミックの無料引き継ぎ手続きをお願いしてまいりました
いや自動でやれよ
これ、サービス移行が小学館で完結してるからまだ対応とれてるが…
1.本当のサービス終了の時の対応。
2.端末の問題(サポートされるOSや端末、サポート期間、端末の代金など)
何一つクリアされていないのな。
わーshimizukawa さんねとらぼ出てる。
何年か前に6部7部買ってるけどもう読めなくなってる。。 / (ねとらぼ)
○学館か個別対応って事は、知らずに終了していて連絡取りようがないユーザー分はボロ儲け状態()って事でオケ?
発表もニュースで広めなかったら分からんだろ?
出版社がこんな対応じゃやっぱり信用出来ない
電書以外もう再販しない本なんてのもあるし権力あるとコレ
マイナー所は怖い
Kindle一択で。いや、Kindleもいつかは終わるけど、他の電子書籍サービスよりかは長生きしそうなので。

【 - ねとらぼ】
電子書籍にはサポート終了の不安がある。 →
デジタルコンテンツサービスってこういうのが怖いんだよな。本にしろ音楽にしろ、動画も絵画も気に入って何度も繰り返し楽しみたい作品は物理メディアで保存しないとダメだ。
今後、こう言うトラブル増えるんだろうな(汗)
こういう事があるから電子マネーもSuica等の実績あるもの以外は怖くて個人情報入力できないんだよなぁ。デジタルサービスなんて企業の体力次第。

/ (ねとらぼ)
電子書籍(を読む権利)を購入するなら、大手の電子書店以外には絶対に手を出さない方がいいと思うが……。
僕が電子書籍に手を出しあぐねるのはこれなんだよ。現状では読む権利を買えているとは言えないのではないか…
GS美神はたまに読みたくなる!
これだから電子書籍は嫌
対応してもらえたのが不幸中の幸い。電子書籍プラットフォームがいっぱいあると、いちいちチェックなんてしないよなぁ
知ってる人がおる /
文藝春秋「武士道セブンティーン」でコレやられた。
電子書籍はKindle以外買わない。
これが電子書籍の致命的な欠点なんだよね。DRMなしのPDFででもないと信頼できない。紙本より大幅に安いならともかくとして>
まさかのねとらぼ掲載 /
これがあるから電子書籍は怖いよね
(ニコニコ書籍で経験した。引き継ぎ先をはっきりさせてくれていたからよかったけど)
以上

記事本文: 「久しぶりに電書アプリを開いたら本が読めない」ツイート拡散 サポートは既に終了 出版社が対応を表明 - ねとらぼ

関連記事