TOP > ネタ・話題 > 液体のりの成分で造血幹細胞を増幅 東大などが成功 安全で低コストな白血病治療に期待 - ねとらぼ

液体のりの成分で造血幹細胞を増幅 東大などが成功 安全で低コストな白血病治療に期待 - ねとらぼ

21コメント 登録日時:2019-05-30 16:58 | ねとらぼキャッシュ

これまで高価なウシ血清成分などで行ってきた培養が、液体のりの主成分「ポリビニルアルコール」でできるように。...

ツイッターのコメント(21)

こっちが8ヶ月くらい前の (・ω・)
液体のりと言えば、こちらも忘れちゃいけない。
@C4Dbeginner 造血幹細胞の培養に使うこれですかね
昨年6月ぐらいに話題になったアラビックヤマトで造血幹細胞
を効率良く培養できるというお話
@kurihiroshi 造血幹細胞を増幅するってやつですかね?
@siwabuki
そろそろアラビックヤマトのり医療用が作られてもいいですよね。
@BarishimaSabota ヤマトのりは凄い。キレないで。
アラビックヤマト...お前...随分と遠くなりやがって...!
思い付かないところにアイデアは転がっている。
STAP細胞なみの衝撃的な成果に動揺せざるをえない。QT 液体のりの成分で造血幹細胞を増幅 東大などが成功 安全で低コストな白血病治療に期待 @itm_nlab
瓢箪から駒。
これ、大発見だよな~
素晴らしいね!意外なところに解決策があるものだ。
液体のりwww
天才の発想は恐ろしいww

でもFBS代が浮くのはデカイぞ
研究室の株化細胞でもできるのかな?
暇な時にやってみよ
このニュース新聞で見た瞬間、思わずソースを検索かけた。生物の先生と話しすぎて二人して仕事押した(笑)
ほんとすげぇよな、どんな着眼点だったんだろと気になる
あとはのり屋さんの株価も気になる
なるほど、ウシ血清の代替品…
…えっ?
公式発表PDFが少し難しいなと思っていたけれど、ねとらぼさんの解説が読みやすく分かりやすく、こちらを読んだら発表PDFも概ね理解できました /
以上

記事本文: 液体のりの成分で造血幹細胞を増幅 東大などが成功 安全で低コストな白血病治療に期待 - ねとらぼ

いま話題の記事