TOP > ネタ・話題 > 「江戸時代にもしGoogleマップがあったら」 1840年ごろの東京周辺地図をGoogleマップ風に再現 - ねとらぼ

「江戸時代にもしGoogleマップがあったら」 1840年ごろの東京周辺地図をGoogleマップ風に再現 - ねとらぼ

48コメント 登録日時:2019-03-28 15:15 | ねとらぼキャッシュ

見てるだけでワクワクしてくる。...

Twitterのコメント(48)

拡大して見たい!
Google mapに時間軸が付いたら、スゲー面白くて一日中見ちゃう。
もし本当に当時Googleマップがあったら、地図ソースが伊能忠敬あたりの地図になるんやないかしら???
パソコンの壁紙にしておきたいですね(靖)>>>
楽しい。 >
地図を見てみると…やはり、江戸時代に宿場町として栄えた板橋の地名は当然表記されるし、主要な街道の分岐点だとわかるので面白い^^
想像したら面白いし、みんなでアップデートしてるのがスゴイ!
八王子が出ていて、ホッとしちゃった(笑)
こういうの面白いなぁ
😇よきよき
なかなか面白い😃東京湾がどれだけ埋め立てられているかもよくわかる🤔
おもしろい!
なんかアプリ化して歴史の勉強補助アプリみたいにならんかな笑
最後のルート検索がいいね。いっそ現行のGoogleMAPも単位表記をこっちにしよう。
はてブしました

さらば浦安。

バズった最初に見てはいたのだけど、いつのまにか関所が追加されてたの吹いた。
昔風にしないのがいい!
海岸線も変えてるのがすごい。>
これはおもしろい! →
イイね!ストビューは?
発想が面白いし、想像が膨らむ。
今なら電車で数十分の所を、江戸ではどういう心持ちで出向いたのかとか。
: 1840年ごろの江戸時代に、もしGoogleマップがあったら……と想像して作られた当時の東京周辺の地図がTwitterで話題になっています。…
改めて見ても、現代の主要幹線道路の元ネタがこの昔からあったのがよくわかって感動する。また改めて思うのが東京湾を抱えた江戸の首都としての絶妙さな
おおー面白い。海岸線が今と違う。
海浜幕張は水没。
我が故郷木下、交通の要所って感じで誇らしい|
yahoo!だったかgoogleだったか、昔、江戸時代の地図と切り替えられる仕組みが期間限定であった時は、衝撃的だったなぁ。
こーゆーの好きだなぁ。
歴史好きの自分にはたまらない地図!
今と当時の切り替えができるマップがあったら絶対インストールするし、何時迄も見てる気がするなぁ。。。(* ̄▽ ̄*)ヘヘヘ
海の位置がぜんぜん違うんですよねー:
えええっ。。
なかなか面白い。
ディズニーリゾート→東京湾の中
十二橋駅付近→湖の中
もうちょい細かいところが見れたらいいな
これは面白いですね。是非関西も作って欲しい…というか全国で見たいかも。そうなると商業ベースの方がよさげ。
シーボルトが買い集めそう。
こういうの好き >
こういうの好きだな。
江東区が無い!
伊能忠敬との契約が終了して、一気に地図のクオリティが落ちるところまで見えたw>
伊能忠敬と契約して地図データの精度を向上w
@chizutodesign 掲載しました! この度は記事化にご協力いただき、誠にありがとうございました!
以上

記事本文: 「江戸時代にもしGoogleマップがあったら」 1840年ごろの東京周辺地図をGoogleマップ風に再現 - ねとらぼ

関連記事