TOP > ネタ・話題 > 中国の「ウルトラマン」商品化差し止め訴訟、原告が取り下げ 円谷プロ「今後商品化が妨げられることは、恐らくない」 - ねとらぼ

中国の「ウルトラマン」商品化差し止め訴訟、原告が取り下げ 円谷プロ「今後商品化が妨げられることは、恐らくない」 - ねとらぼ

28コメント 2019-03-20 22:00  ねとらぼ

すでにタイとアメリカで「契約書は偽造である」との判決。

ツイッターのコメント(28)

今度マーベルと組んでコミックス展開するのも、ここら辺の海外での裁判が一段落したからなのかね
あの人達は、アゴトラマンに許諾を出しただけに飽き足らず、まだこんな事をしていたのか…

時期的に、中国の映画第二弾が発表された後…
古い記事だけどウルトラマンの版権がえらいことになってる?…(´・ω・)
もう大丈夫…なのかにゃ?>
これで中国進出もさらに進むのかしらん。
でたらめな契約をでっち上げたけど負けそうだと悟ったんだろうな
ううん。良かったのは良かったけど。
いい方向に行ってくれればいいなあ
チャイヨーと円谷が遺恨残すならともかく、尻馬に乗ろうとしただけの、中国の法人はガッツリ殴られとけ。以上、解散!
向こう側が取り下げをしたのか・・・これで今度こそ上手く落ち着けばいいんだけど。
フン、偽物め
金輪際、出過ぎたマネはせぬ事だな
偽造に決まってんだろ。勝てる見込みなんて無いんだよ。
何だかすっきりしない結末ですが、権利問題の大事さを考えさせられますね。
本家の円谷プロに対し、胡散臭い契約書で訴えを起こし、あげくその訴えを取り下げ逃げるという厚かましい事案。ほんと腹立つよね。
やっと報われましたね。契約書偽造で損害賠償請求できないのかな?
特許申請の先願主義は、改めた方がいい。
うわぁ、またパクろうとしてやがんのか❓いい加減にしろよ。中国著作権って分かるか❓
結局、創業家一族と企業のお家騒動なんだよな。わざわざタイ人に独占的利用許諾をするなんて。
「問題となったソンポテ氏の書面は、円谷プロダクション側の社名やウルトラマン作品の呼称を誤って記載されていることなどから真贋について波紋を呼んでおり、すでにタイとアメリカで「偽造である」との判決が出ていた」
原作側が訴えられてたのか…。中国の会社が日本を除く全てに国で独占的に利用を許諾するって…。
台湾や中国にも日本にも負けないほどの熱心なウルトラマンファンの方々はおられるし、これ以上面倒にならずよかった…!!!
映画ウル銀の訴訟。「商品化中止と損害賠償を求め提訴された問題について、原告であるユーエム社が訴訟を取り下げたと発表しました」 |
あっけない幕切れ。➡︎ 円谷プロ「今後商品化が妨げられることは、恐らくない」(ねとらぼ)
もっと安心したいな。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR