TOP > ネタ・話題 > フィンランドのベーシックインカム暫定結果 「雇用促進はしないが幸福感は向上」 - ねとらぼ

フィンランドのベーシックインカム暫定結果 「雇用促進はしないが幸福感は向上」 - ねとらぼ

33コメント 2019-02-18 11:01  ねとらぼ

結果の確証はこれから。

ツイッターのコメント(33)

フィンランドのKela(国民年金局)が試験導入したベーシックインカム(以下BI)の暫定的な結果が発表された。目的としていた雇用促進には効果が見られなかったが、給付対象者の幸福感が向上することが判明。
このテストの設計、問題ありそう。「 『雇用促進はしないが幸福感は向上』」
クソかな?
そりゃ失業して金もらえるなら単純な底上だし、何がクソって今回向上したと主張してる幸福度は失業者の幸福度でしょ?タイトルに書いてなくない?
金貰って不幸になるみたいな怖すぎる逆バイアスが確認されなかっただけな気がする
読み間違えたかな……
「フィンランドのKela(国民年金局)が試験導入したベーシックインカム(以下BI)の暫定的な結果が発表された。目的としていた雇用促進には効果が見られなかったが、給付対象者の幸福感が向上することが判明している」
"2000人を対象〜健康状態〜良好」また「非常に良好」と回答した受給グループは55%〜対照グループでは46%〜ストレスが非常に強いと感じている比率が17%〜対照グループは25%"
有意な差なのかな?
幸福度=健康+ストレスで評価できるんだろうか?
ベーシックインカムの記事を発見

(というかフォロワーさんがシェアしていたのから拝借)

フィンランドの経済政策は世界的にみても興味深いことなのかな??
現金は幸福薬だった……?(錯乱
ベーシックインカムは、僕も関心を寄せています。
賛否両論あるけど、
一部地域だけ期間限定で、
試してみたら
今より議論が深まると思ってます。
財源さえ確保できればってことなんかね
この成功の可否は、お金の話ではなく、人生とか生活に対する価値観の問題がポイントだと思う…ということは、教育と合わせ技にしないと、一本はとれない…
「雇用促進はしないが幸福感は向上」結果の確証はこれから。
BIで雇用促進はなさそうだけど、今後の日本では考えないといけないことかもね。/
非常に良い実験だね
そりゃ雇用促進に繋がるかどうかは怪しいけれど、逆説的に雇用単価が上がるはずだし
「タダで(かつ、後から「アレ返して!」と言われる恐れがない)カネもらって嬉しくない人なんていないだろうに」という感想しかない。全員一律給付になったら「タダ」では済まないワケでね。
短期的な雇用促進効果はなかったとしても、幸福感の向上は長期で見るとプラスに働くと思う。
こういう取り組みをどんどんして導入可否を議論していきたいな。
お金で幸せが増えるならやすいもんだよ
日本語で分かりやすく書いてあったのでシェア
日本も期間限定で導入すべき
結果の確証はこれから。  -[関口雄太,ねとらぼ]
「(BI受給者は)ストレスや集中しづらい、健康問題といった症状が少ないことがわかりました。また、将来や自身の能力が社会に与える影響についても自信を持っています」
関口雄太
"他の社会保障の受給資格は失われない"←この条件ならそりゃそうだ。日本の場合、医療以外の全ての社会保障給付費を財源に回して、一人月額4万6000円だそうです。年金も生活保護も失業手当も無くしてこれくらい。 / “ 「雇用促進…”
そりゃまあ、働かずにお金がもらえるなら幸せだとは思いますが、そこから就職に繋がらないとあんまり意味がないのではとか。
まともに導入できるのは2035年以降くらいになるだろうね…もっと単純作業の自動化が進まないと継続が厳しい
なるほど。フィンランドの企業が成長していくのかも気になる所。面白い結果。
コストと効果の比較はこれから
心身の健康は仕事をする基盤。それを次の仕事に就くまでBIが支えてくれる。ここまでは個人的にやや好印象。今後の試験結果が気になる。
短期間だからいいけどこれから先どうなるのかって考えたら不安になるしなぁ
良い検討材料になりそう
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR