TOP > ネタ・話題 > 「歯がはしる」「時計がめげる」「大休憩」ってどういう意味? 紛らわしい中国地方の方言 - ねとらぼ

「歯がはしる」「時計がめげる」「大休憩」ってどういう意味? 紛らわしい中国地方の方言 - ねとらぼ

15コメント 登録日時:2018-10-24 12:07 | ねとらぼキャッシュ

意外なところで通じなかったりするんですよねえ……。...

Twitterのコメント(15)

業間休み / “ - ねとらぼ” (1 user)
若い頃大阪に居たけど結構通じない言葉あったな😰
#島根県 西部だと山口県と広島県の方言も混在。逆に東部の出雲弁とは全く違う
広島でも備後弁じゃ言わんのもあるし、違う県のでもめげるとみてるは言うよねー(・∀・)
小学校の時確かに大休憩、小休憩って言ってたなぁ😃
先生が来ちゃった、が一番慌てられる。→
2、4~10、14、16しか分からん
「大休憩」が方言なことに衝撃
「うったて」は他に表現する言葉を知らかったので、ガチで標準語だと思ってました。
方言シリーズ。やわらかいの意のやおいは、こっちだとやわいになるのかな。めげる、借るはこちらでも言いますね。
え、方言だったんだ…
「みてた」「めげる」はおじいちゃんが使ってたけど、ほとんど知らない。

 紛らわしい中国地方の方言(ねとらぼ)
広島だけどメロンパンはメロンパンって言うしもしくはサンライズだわ。そばりは言わん、すいばり。頭が痛いのは悪いとは言わん。めげるは言うなー。みてる、はしるは分かる。
「頭がわるい」「電池がみてる」は通じねーだろーなーw
すまん、実家鳥取だけど「めげる」しか分からねぇ
以上

記事本文: 「歯がはしる」「時計がめげる」「大休憩」ってどういう意味? 紛らわしい中国地方の方言 - ねとらぼ

関連記事