TOP > ネタ・話題 > 豪雨被害はほとんどないのにキャンセルが――「倉敷美観地区は元気」ハッシュタグで風評被害に対抗 (1/2) - ねとらぼ

豪雨被害はほとんどないのにキャンセルが――「倉敷美観地区は元気」ハッシュタグで風評被害に対抗 (1/2) - ねとらぼ

10コメント 登録日時:2018-07-15 13:17 | ねとらぼキャッシュ

豪雨による被害はほとんどないのに観光客が減少……「普段どおりの美観地区を伝えてほしい」との呼びかけが。 (1/2)...

ツイッターのコメント(10)

すぐ近所なんだから一緒に沈んでいろ? そりゃない。健在なところは通常通り、いや、被災地区のぶんも経済回していかなきゃならないのよ。 / “豪雨被害はほとんどないのにキャンセルが――「倉敷美観地区は元気」ハッシュタグで風評被害に対…”
キャンセルした側も配慮した結果なんだろうけど、なんとも歯がゆい話だわなぁ。
また行ってみたいなぁ・・ 大好きなんだよね>
合併の弊害だろこれ別れてるのには理由があるのに無理矢理ひとくくりにするから
(2/2) - ねとらぼ
経済が停滞する方が危ない。応援。
風評被害と戦おう。 →
豪雨被害はほとんどないのにキャンセルが――「倉敷美観地区は元気」ハッシュタグで風評被害に対抗(ねとらぼ)

これからの観光シーズン、キャンセル等ないといいな。
県とか市町村単位で報じられると、
被害が無かったり軽微な地区まで煽りを食ってしまう。
被害を受けたところは一刻も早い復旧を。
そして大丈夫だったところは、どんどん稼いで地元の経済を回すのが復興への早道なのです。
美観地区は少し多い人画減ったほうが景観的にはいいと思うが…→
報道地点の山超えた反対側は割と普通、とかよくある話。
個人的には、これでキャンセルするような人はいろいろ損してるなあと。
以上

記事本文: 豪雨被害はほとんどないのにキャンセルが――「倉敷美観地区は元気」ハッシュタグで風評被害に対抗 (1/2) - ねとらぼ

いま話題の記事