TOP > ネタ・話題・トピック > ねとらぼ > 読むのがつらくな...

読むのがつらくなる「ダメな文章」の特徴とは? マネしちゃいけない「ダメ文の書き方講座」 (1/3) - ねとらぼ

33コメント 登録日時:2018-04-14 12:10 | ねとらぼキャッシュ

数々のダメ文に出会ってきた筆者が解説。 (1/3)...

Twitterのコメント(33)

メモφ(.. )
勉強になりました。
これからは、エッセンス的なコメント文で綴って行こうかと思います。
毎日無意識に日本語を書いていると、どんどん自分の楽な方に流れていきがちです。
ある時期で、自分の書く文章について見直す事も大切かと思います。
よくこんな文章書く人いるよね…(笑)
文章の品質もさることながら、短時間に文章が書ける秘訣を誰か教えて▼
ああ、自分の文章だ… 「…という」と「…こと」が多い。自分でそう感じてるってことは相当多いってことだ。 /
自戒

(2/3) - ねとらぼ
わかる!!!!!!!!!!!!
これは為になる
あとで読むメモ:
大学教員が書いてるだけあって、あくまで論文の話だなぁ
オタクの文章の典型じゃん
創作にも通じる……
余計なものはいらないんだよね。
それはあれでこれはそれ
この大学教授と議論下手そうだな。書く奴がダメなのかもしれんが →
やめろこのやろう
文章を書くのって難しいですよね。

 マネしちゃいけない「ダメ文の書き方講座」(ねとらぼ)
他人に読ませる気あるの?っていう文書とか困る
頭痛くなる
当てはまる…気をつけよ…
参考までに。
マネしちゃいけない「ダメ文の書き方講座」(ねとらぼ)   読んでたら己の文章のダメさを痛感させられ、目から熱い水がとめどなく……
なうぶら》 -
以上

記事本文: 読むのがつらくなる「ダメな文章」の特徴とは? マネしちゃいけない「ダメ文の書き方講座」 (1/3) - ねとらぼ

関連記事