TOP > ネタ・話題・トピック > ねとらぼ > 30代以上しか知...

30代以上しか知らない? 「平成の米騒動」ってなんだったんだろう - ねとらぼ

140コメント 登録日時:2017-10-06 12:51 | ねとらぼキャッシュ

30代以上「あったなあ……」 20代以下「何それ?」...

Twitterのコメント(140)

そういえば、日本の米が需要追い付かなくて…タイ米を食べなければならない年があったんだよね。今は美味しくなったのかな?
@jiromal 1993年の夏の日でしたっけ?異常な冷夏の所為でコメ不足で急遽海外のブレンド米やらタイ米やらを輸入して来たけど、あちこちから不味いと不評だったのは。

その時の対策を活かすのです、今こそw。
電気化ガス炊飯器で日本の米と同様に炊くバカな奴ばっかりだったからだろ
ああ〜!この方私と同年生まれだから全ての記事にああ〜!ってなる〜!うちはブレンド米食べたわ…親戚は農家なのに国産米売ってくれなかったそうです😑
いや、日本に輸入されたのはタイ人が「まずい!」って言った米だから( ˘•ω•˘ )
懐かしすぎ
ライターさんが同年代なだけでなく、出身県まで同じやった
や、このお兄さん間違ってる。タイ米を普通の日本のコメと同じ炊き方で炊いたの食わせてやりてえ。
タイ米あった!あった〜😄
パサパサだったねぇ💦
知らない!
そんなことあったんか…
これなぁ。その頃に輸入されていたタイ米って品質的には確かに上等ではなかったんだけど、日本から災害の時に古着が送られるようなのと近かったんだよねー。
でも「お米の国の人」のストライクゾーンの狭さはすごかった。
こんな騒動もあったなー。
当時は「タイ米を日本米っぽく加工する機械」を開発した人もいたような。
ササヌスクが絶滅しかけたアレ
確か輸入りんごもこのあたりだった気がする。
もしゃりとした食感で渋くてパサパサのアイツ←
『夏の日の1993』という歌があったけど実際の93年の夏はずーっと雨だった。梅雨明け宣言は秋とともにやってきた。
顔の長い男子は「タイ米」というアダ名になりましたね。
何もかもみななつかしい
そんな中でもさわやかは国産米しか使ってなかった思い出(たしか
この漫画いろんな話あるんだけど
懐かしい事ばっかりで面白い
懐かしいなぁ
母が米屋で働いていたので食べさせてないって言われたけど、臭かったので、信じていない……。
こち亀でも両さんがタイ米使って闇酒作る回があった気がする
20代でも28〜9歳なら知ってるやろ(震え声
【 - ねとらぼ】 あったあった。でも結局タイ米ってあの時食べた記憶ないなぁ。
これワイも全く同じ事思ってたよ当時
田舎だったから米はあったけど話題のタイ米食べてみたくてねー
あと米が美味いがわからないってものそうだったなー
年代的にも同じくらいで、同じくカオマンガイ食べて当時を思いだしていた。自国で賄えず一定期間輸入するっていって途中で賄えるから要らないとか、マズいといって消費するの本当に良くない時代だった。 /
そっか、若い人はしらないんだ…当時、ココナッツミルク入れたカレーとか作ってみたな。
同世代なのでうっすらとしか記憶がない
よしりんがタイ米disりまくってた記憶
その彼ですらタイ米で作ったチャーハン(ナシゴレン?)は旨いと言ってて草
小学時に家族旅行で九州・熊本から阿蘇に向かう途中のレストランで出た水とご飯が美味しかったけど、ご飯の量が多すぎて食べきれなかったという記録あり。
そういえばありましたね~ブレンド米やら国産米とタイ米のセット販売等々…
( ゚д゚)元々インディカ米って炒め物に特化した米だから、通常は単体ではあんまし食わね
ぼくも覚えてないなあ…
タイ米普通に旨かったなぁ…
なついなあ。当時貴重な国産米が売り出されるって言われて、親と買いに行ったらブレンド米だったってあった。
上京して初めての年で、東京の暑さを覚悟していたら大したことなくて拍子抜けした。この後やってきたのが米不足。大学生協の食堂がタイ米になった。
物の貧しさが心の貧しさを呼ぶというのは真理だが、その逆、物の豊かが心が豊かを保障するわけでもない実例だった。恥ずかしかった
1976~2016までの日本国の社会風俗が記録された漫画があるのはご存知かな?
『こちら葛飾区亀有公園前派出所』っていうんだけど

【 - ねとらぼ】
冒頭では「日本人が不慣れ」としてるのにその後は「嫌い」と「不慣れ」を混同していてもったいない漫画
この出来事の個人的ハイライトは、不作による突然の日本の市場参入でバンコクのタイ米国際市場の米価が2倍に跳ね上がったこと。
他国の生活必需品価格を急騰させた上に、買い付けた米を売り捌けずに余らせていたのが印象的。 @itm_nlab
田舎の住人だけど農家じゃないのでやっぱりブレンド米を食べてた。なんでブレンドなんて愚かな政策判断に至ったのか誰か研究して欲しい。タイ米を食べたい人にとっても不便だったろうに。 /
タイ米食ったなぁ。
当時入ってた現場の社員食堂のご飯が逆においしくなったんだよ。ホワイトカラーの社食は不味かったからねぇ。大企業でも
ポロポロした食感が日本のオカズに合わないに尽きるかな
そういや、タイのお粥は美味かった。
今回ハマってしまった。
タイ米にネガティブなイメージがついてしまった事件でしたが、今だったらおいしく食べる方法がもっと拡散されたのかな? /
父ちゃんは「まずい」と拒否していたが、母ちゃんは密かに普通の米と混ぜて出していたことを私は知っている。(そして気付かない父)
米がまずいというのを知らないってかなり幸せなことだよな。そこらの牛丼チェーン行ってから高級レストランいけば体験できそう /
懐かしいなあ。カレーとかピラフとかは、あっちの方が美味しかったけどね。>
タイ米もブランド米も美味しかった。 タイ米の悪口言って貶めてた奴らがどうにも理解できんかったあの頃。
これで日タイ関係は悪化するわ、米の輸入が解禁されるわ、ササニシキの栽培が減るわで、日本社会はえらい目にあったんだわな。
この前20代社員とランチしてて、この話題になり。「教科書に載ってました」と言われたよ。教科書…→
あったなぁ…ブレンド米…→ 30代以上しか知らない?
あの年のアレはねえ。鮨屋とか困っていたよな。
海外に行く機内で久々にタイ米を食べた時、あの頃の食べたタイ米のマズさが瞬時に蘇った。
食料援助に現地人が食い慣れないものを送ってもあんまり活用されない理由を知れた /
タイ米まずい不衛生キャンペーンはってた赤旗。戦争中ベトナムから米を強制徴収して何百万もベトナム人死んだって記事が載ってるのに、戦争中の外米はマズイって投書も。共産党に疑問を持った最初の出来事。 /
あったなぁ。自分は小学生の時にタイに行ったので、タイ米は美味しいと思うが、米単体で言えば日本米のが好きだな。
まだ二次大戦中に作られた食管法が残ってた頃だなー。「外米」とか「タイ米」とか言われてたが、そういえば私は結局ジャポニカ米しか食べなかったが田舎だったからかな。親戚から米貰えたし。 /
職場に社員食堂があった頃、一時期ご飯がタイ米なった時があったなぁ。 ー
当時カリフォルニアに日本から遊びに来た人がみんなお土産にお米を買っていくので、小さいパッケージが急遽発売されたりしてた思い出 /
こういうときのためにある筈の備蓄米はどうしたんだと当時思った。あれであのような騒ぎになる国では経済封鎖であっという間に飢餓状態になるし、そういう状態になるような政府は戦争に向いてないと思う。 /
「長粒米の食べ方」がマイナーだった時代。そんな騒ぎになる前の「夏が全然始まらない。これでは米がヤバイ」と思っていた8月のことの方を私は思い出す。 /
米騒動のときに友達集めてタイ米・中国米・加州米・コシヒカリの食べ比べやったな。おかずはシャケの塩焼きと味噌汁。
どれも美味いがおかずに合うのはコシヒカリだった。
キャリフォルニア米は美味しかったけどな。
あれは、タイとかに本当に失礼極まりない出来事でした。
ブレンド米はダメだったね。 そのまま日本の炊き方で調理するもんだから、弁当にすると冷えて割りばしが折れるほど堅く...
この当時、お袋が保育園の給食のおばちゃんやっててタイ米の扱いに難儀してたなぁ(;・∀・)
今みたいにネットの知恵も無かったし
あったなぁ
食べたかどうか、覚えてないなぁ
タイ料理にすれば良いんだろうけど、日本人がずっとタイ料理は流石に。
この時からかな?
ササニシキが減ったの
農家だったけど不作で朝食がずっと食パンになった思い出…
うちの父親。この年の春先に何かを感じたのか、借金して近所の農家に掛け合い田んぼ単位で代かき直後に青田買いしてた。
もし今コメ不足になったら、輸入するんだろうか?
チャーハンにしたらいけた。カレーはダメだった。【 「平成の米騒動」ってなんだったんだろう】 - ねとらぼ
個人の感想で終わってたw あれは米をユニバーサルサービスとし食糧難に備えていたはずの食糧管理法がいかに無力かを知らしめたよな。あとは食べ方。 /
今になって思えば、この米騒動によって米に対する知識が深まったと思う。
性質が対極である、国産のジャポニカ米とインディカ米のブレンド米なんて有り得ない。
タイ米好きだったのになぁ・・・
田舎だからタイ米とかブレンド米食べたかった流れまで同じ =>
82年生まれ元転勤族だけど、あれ騒いでたの関東圏がメイン。大阪の俺が住んでた地域だと不味いとか全く言われて無かった。当時、岡山の親友にも確認したけど、そこでも不味いと言われてなかった。 /
ただひたすらに「海外米食べてみたい……」という気持ちが募っていたのをよく覚えています。 /
本庄の飲み屋さんでタイの女性に気を遣って「タイ米の良さがあって、調理すれば美味しいんですよね」と言ったら、「日本のごはんは味付けしなくても食べられる。日本のごはんの方が美味しい」と言われてしまった。 / "30代以上しか知らない…"
当時貧乏学生してたので有難く頂いた。
所で当時のタイ米と現在の『タイ料理店』で出される米は明らかに香りその他が違う。
この記事参考にならないのでは…?
あったあったw ほとんど記憶ないけどね!
学校の給食でも家でもタイ米だった
大人になってから知ったんだけど、これタイ国内で米の価格が暴騰して、貧困層には餓死者まで出たんだよ。で、そこまでして買いあさった米を、日本人はマズイと言って捨てた。
タイの国民感情が悪化するほどの問題だったのだ……。
この時、国会に突入した農家団体の中にうちの父も…いたりいなかったり…ゴニョゴニョ…
あったなあ。当時食べて不味かった記憶があるけどバンコクで食べたメシは美味しかった
なるほど、同い年でもこういう世界があんのか。我が家は寧ろ「カレーうめえ!チャーハンうめえ!!」って大喜びじゃったのう>
まあ農民クラスタにはピンとこないね。米の食べ比べとかしないし。大人になってコンビニ飯に慣れても、冷えたままじゃ食えないけど。
今でもテレビで細長い米粒が映る度に思い出す。 /

タイ米自体がマズかったんじゃなくて、どう考えても質の悪いクズ米が輸入されていただけの話で。学生寮の時にタイ米が出たが、臭くて食えたものじゃなかった。
「ブレンド米」はほんと愚策だったなあ。性質の異なりすぎる米を混ぜちゃうんだからそりゃ不味いわな
平成の米騒動、この頃学生で米売ってるコンビニでバイトしてたので大変だった。入荷したそばから売れていく。タイ米は、タイ米にあったメニューだと凄く旨い。あの当時は使い方が間違っていた。
顔が長い男子にタイ米というあだ名がついたりしてたな…とおもいだす
まあ、当時は運んでる最中に劣化して味が落ちてたから、ってのはあるからなあ。っていうやつ。ゼラチンとか入れるとジャポニカ米みたいになるんだけど。
あったなぁ。子供心においしくないなと思った思い出がある。
あれからササニシキ無くなっていったな。あの時美味しんぼでタイ米の食べ方をやっていたのは評価している。:
味もそうだが管理が無茶苦茶すぎて大変だったと聞いたな~
当時コメに困った記憶が全くなくて、母に聞いてみたら「生協で普通にコシヒカリが売ってたから、何も困らなかった」と。狐につままれたような気分。
/
1993年。あったねぇ。我が家でもタイ米を買って食べたよ。家族争議にまで発展したけど。。 /
田舎だけど米騒動の時はタイ米とのブレンド米。でも米屋の人が裏でブレンドせずに別々の袋で渡してくれた。カオマンガイにしたら旨かっただろうけど、テレビではチャーハンにする方法しか放送してなかった /
30 代以上しか知らない?
仕方なく輸入した代用品扱いされてたのは覚えてる。『美味しんぼ』が長粒米にあった食べ方なら日本米にも劣らないとやってたっけ。当時は楽しく読んでたのよね。:
タイ米けっこう好きだったんだけど、周りでは不評だったんだよな。おいしいのになー。 >
今ならクックパッドがあるからなぁ…。
我らが中央大学では「タイ米カレー」が学食のメニューにできて安くて旨かった思い出。学食棟2階の生協の食堂だったと思う /
米農家さんぶん殴りする様な言い方になってしまうけど、「産地による米と水の相性」はあると思う。県外産の米を熊本で食べると「?」となった事がありましてね……米と水のセット売り希望
懐かしいな。うちは農家から直接米を買ってたので、結局タイ米食べる機会が無かった。│
10年後にタイ米を食べても味が違うのであまり参考にならないように思う。日本の米ですらササニシキが退場して大きくトレンドが変わってしまっている。 /
うちはタイ米をカレーライスに使ってたなあ。美味しかったよ。
信じられないだろうが、あの時は、国から許可された販売所でしか米が買えなかった時代なのだ /
そんなこともあった。今なら、適材適所と思えるけどね。 /
めちゃめちゃ懐かしいな……タイ米は炒飯に適してるんだよね
いや、もう、本当に不味かった。タイ米を何とか普通に炊くのにあれやこれや色んな商品出てたなぁ
■ウチも国産米に困ってなかったのに、無理言って1度だけタイ米買ってもらってしばらく後悔した。決して不味かったのではなく食べ方を知らなかったんだよな。
あれ、国内じゃ不味いってんで飼料になったり廃棄されたりしてた一方で、タイでは米価格が高騰して餓死者出したりしたんだよな。 /
城南電機の宮路社長が懐かしすぎる
母が一度日本米と抱き合わせのタイ米を買ってきて普通に炊いて大不評だった。今ならビリヤニにしたりサラサラ系のカレーに合わせる。
私と同居人は普通に炊いてこれもアリだな、美味い!みたいになったんだよね。
そっか!若い子は知らないのか!
自分も東京出てきてカオマンガイ初めて食った時全く同じこと考えた -
うちは父親がどこからか日本米手に入れてきたんで、家でタイ米を食べることはなかったなあ。
電器屋が出てくる違和感(あれは確か昭和だろ) >>
これ本当に腹立たしい騒動だった。日本人は感謝も忘れた最低民族になったと憤った。タイの人には本当に申し訳ない気持ちでいっぱいだった。ちなみにタイ米(インディカ米)は好きです。
正直、①性質が違うので炊き方も違う②嵩増し目的で違う米を混ぜて販売
…もあるよなぁ
あの時、家ではまったくタイ米食わなかったんだよなぁ。別に裕福ではなかったけど、両親の食へのこだわりかな。
当時、めっちゃ冷ややかにこの騒動を俯瞰していた思い出
あの当時は食の文化に多様性がなかったんだろうね。そして、日本の米との違いを楽しむことができなかった。

日本の米風になる様な炊き方特集あったよね。
日本の米の輸入規制が大幅に緩和されたのは1993年に超絶な米不足になったことがきっかけ。懐かしいなぁ…。
地元の米屋はタイ米抱き合わせで売ってたね(
/ あったあった
オヤジが高い米を買ってきたり国産米が販売になる日は家族みんなで並んだもんだわ
1回目の入院がこの時だったなー
当時のおかんにかおまんがいの作り方を知らせたい
実は私も食べずにおわってしまったのです
フィリピンにいると、2つのお米の美味しさがわかる
以上

記事本文: 30代以上しか知らない? 「平成の米騒動」ってなんだったんだろう - ねとらぼ