TOP > ネタ・話題 > 小説家になろうに怪作登場 「異世界転生ラノベは息子を亡くした母が書いてる説」に基づいた「序文『息子へ。』」 - ねとらぼ

小説家になろうに怪作登場 「異世界転生ラノベは息子を亡くした母が書いてる説」に基づいた「序文『息子へ。』」 - ねとらぼ

45コメント 登録日時:2017-08-03 21:21 | ねとらぼキャッシュ

場外から重い設定を投げ込むのヤメロォ!...

Twitterのコメント(45)

またすごいの出てきたなと思ったら伊藤ヒロ先生か!アンチ・マジカル書いた先生だぞ!こんなん絶対面白いじゃん!しかもかなり前に書き出してたのか。書籍化するし買おう!
なるほど……。
設定が重い!重すぎる!!もう転生物が気軽に読めなくなる… 凄いのが来たな
これ、マガジンに載ってた「エデンの檻」では(苦笑
話を誰が書いてるのかという視点で考えると、戻ってこない人の書いた物を地球で読むことはできない。SFだと自分が書いた手記を地球に届けるみたいな設定のもある。 /  「異世界転生ラノベは息子を亡くした母が書…”
か、悲しい……
でも考えるよね、主人公の親御さんのこと
設定一つでおもしろくなるのはおもしろい。
悲しい……
なるほど、そういう視点もあるのか…
勉強になるわー…
GA文庫編集「今はなろうコミカライズブームというぐらい獲得競争が激しい」 ほか | まとレーベル@ラノベ新刊情報まとめサイト
ねとらぼなんてはちま叩いてるけどこんなもんよ
むしろ俺は違うオーラ出してる分こっちの方がたち悪い
このジャンルに詳しくないからよく分からんけど、一昔前マガジン
に載ってた「エデンの檻」っていう無人島サバイバル物? は、確か終盤に主人公の母親が見ていた夢(?)だったみたいなオチだった気がする。
ついにヤフーニュースで紹介されました。スゴイ!

ちょっと読んでみようかなw
てか『師匠気取りのロリババア』って分野にオレ、もしかしたらそれ引っかかってる気がするwwwwwwwwwwww
うーん、悲しいかな? 切り口によってはホラーにもなるだろうけど、これは昔からある救いだろう。
さかっちへ
ものすごい発想だ。 /
シンプルに言うと、嫌いではない(が余りにも身近トピックすぎてキツい)。
興味深くもあり、怖くもあり……たしかに『怪作』の匂いがしますな
ヤホーに出とるんかいw
文化として爛熟期にあるような…w
クレヨンしんちゃんの都市伝説では?
特定の作品ジャンルに対してのメタ的な視点を積極的に取り入れた作品が出現してくると、ああ色々と煮詰まってきたんだなあとは思うね。 /  「異世界転生ラノベは息子を亡くした母が書いてる説」に基づいた「序文『…”
これは新しすぎる・・・
“「異世界転生ラノベの7割以上を“交通事故で我が子を失った母親”が書いてる」という新説” /
きが くるっとる
なにこの変化球を投げようとしたら大リーグボール1号か隼パイルボールみたいになった魔球はw
クレしんは、みさえが交通事故で死んだしんのすけのことを描いてるという都市伝説がかなり昔からあってだな.
他の人もツッコんでるけど、これ昔マガジンに載ってたエデンの島の最終回やん
サイコホラーじゃねーか!! /
あとで読む。 /
テンプレひねり
このメタ感『ウロボロスの偽書』ぽいw

月末になるとゆうちゃんは薄い給料袋の封も切らずに・・・・・ >
ふとそんな考えが浮かんだことはあった。母がとは言わないけど遺された人が作った世界。
んむ。
読みにいってみるか。。。
これは・・・・・。
素晴らしき隙間産業。
以上

記事本文: 小説家になろうに怪作登場 「異世界転生ラノベは息子を亡くした母が書いてる説」に基づいた「序文『息子へ。』」 - ねとらぼ

関連記事