TOP > ネタ・話題 > 魂が入ったアニメーション――押井守が語った実写「攻殻機動隊」の不思議な感覚と素子に残る“引っ掛かり” - ねとらぼ

魂が入ったアニメーション――押井守が語った実写「攻殻機動隊」の不思議な感覚と素子に残る“引っ掛かり” - ねとらぼ

30コメント 2017-04-18 10:20 | ねとらぼキャッシュ

実際のところ、押井守は何か新しいテーマや表現を持って再び「攻殻機動隊」を手掛けたいと思っているのだろうか?...

ツイッターのコメント(30)

< >"必要な筋肉は当然全部付いているだろうし、ってことは太ももも太くなるし、僕は割とそれをクソリアルにやった。"
"「パトレイバー」だって「うる星やつら」だって気にならないことはない"
ちょっと難しいな。映画を見て読めば、変わるかな。(´Д`;)>
スカーレット・ヨハンソンだからこそ、という部分は確かにある。実写だと他に適役がいるかと言われれば、ベストは彼女。
本筋とは関係ないが、監督が『こころ旅』の火野正平さんにみえた。/
監督したアニメ版や業界からの視点も交えた話が多い説得力あるインタビュー。
おしい節が聞きたいんだよ😊
そりゃそうだ...が「...あとは、立体視だろうが2D、IMAXだろうが、お話の中に入って行っちゃえば同じ。」魂が入ったアニメーション――押井守が語った実写「攻殻機動隊」
いくつもインタビューが出ているけど、これが一番良かった。
実写攻殻ではじめてポジティブな記事を見た
- 相変わらず好きに喋ってる。おもろい。
"空気感"かー…前回4DX3D(吹替)だったんで、今度は2D(字幕)版を見とこ
ほんと、スカヨハだからあそこまでできたと思う
“モノだと思っていたものに魂が入っちゃったり、逆に魂のあるものが無機物になっちゃったり”。ゴーストを感じる。まだ見てない。早く、義体と映像が触れ合う膜を見に行かなくちゃ。 / “魂が入ったアニメーション――押井守が語った実写「攻…”
: 実際のところ、押井守は何か新しいテーマや表現を持って再び「攻殻機動隊」を手掛けたいと思っているのだろうか?…
"攻殻が、というよりは、個人的には素子がちょっと気になっている。あとバトーかな。"続編に激しく期待してしまう。 / “ - ねと…”
すごく刺激的な内容だった »
魂が入ったアニメーション
押井守が語った実写「攻殻機動隊」の
不思議な感覚と素子に残る“引っ掛かり”
押井守は何か新しいテーマや表現を持って再び
「攻殻機動隊」を手掛けたいと思っているのだろうか?
言いたいことはだいたい載ってた。
押井攻殻で故意に素子を筋肉質にした(原作の細い体で格闘は出来ないから)って、阿呆か。素子は金属骨格のサイボーグだぞ?こいつSF的な考え方出来ないんじゃね?>押井守が語った実写「攻殻機動隊」- @itm_nlab
俺はやっぱり押井守が大好きなんだなー
インタビューごとに違った視点で語っていて面白い / “ - ねとらぼ”
ご参考までに
▼魂が入ったアニメーション――押井守が語った実写「攻殻機動隊」の不思議な感覚と素子に残る“引っ掛か…
「お話や映像がどうこうという以前に“表現”として面白かった」【魂が入ったアニメーション――押井守が語った実写「攻殻機動隊」の不思議な感覚と素子に残る“引っ掛かり”】 @itm_nlab
観測中・・・「立体になると空気感とか消し飛んじゃう」「立体視で見るのか、2Dで見るのか、IMAXで見るのかで随分印象が変わる」:『魂が入ったアニメーション――押井守が語った実写「攻殻機動隊」の不思議な感覚と素子に残る“引っ掛かり”』
スカヨハの起用=一番ネックとされてる部分。ここを意識して持ち上げるとシンドい。

@itm_nlab
よんでるー。3Dで印象変わるというなら見てみたい(タイトルの引っかかり、は、監督の今後の話で今作の話ではない)
話がどんどんと違う方向に行くのをインタビュアーも苦労してるな
「彼女がツカツカ歩き回っている姿を見て不思議な感じがしたんだけど、映画を見て分かった。彼女はサイボーグを“演じて”いた。歩き方から表情の作り方全て」。やはり見ないといけないか………押井守が語った実写「攻殻機動隊」の不思議な感覚
押井節で語ってくれました!
以上
 

いま話題のニュース

PR