TOP > ネタ・話題 > コクヨの「プリット スティックのり」が12月末で販売終了 来年からは新たなメーカーからのラインアップで - ねとらぼ

コクヨの「プリット スティックのり」が12月末で販売終了 来年からは新たなメーカーからのラインアップで - ねとらぼ

31コメント 登録日時:2016-07-26 17:51 | ねとらぼキャッシュ

2017年からはPLUSより販売されます。...

Twitterのコメント(31)

職場で支給されたのりがプリットだったんだけど、プラスて書いててなんで?!と思ったらこういうことだったのか(2016年末まで)
コクヨからプラスにっていう経緯の記事まで抑えてるねとらぼすげーな
コクヨは文具メーカーとしては国内最大ということにあぐらをかいていたからプリットというドル箱をプラスにかっさらわれたんだよ。これで強い商品はキャンパスノートだけになったね。
せっかく実装された文字パネルが嘘問に…?
これなー。コクヨのうちに1本欲しいんだけどなー。ノリ使う機会が無さすぎてなー
- ねとらぼ: 2016年07月26日 17時45分 更新
リッツ、イソジンと同じ流れ
プリットはPlusが売ることになる、ってナビスコがヤマザキからモンテリーズに移った的なことかしらどうかしら。
契約切れでか。
コクヨは何かやらかしたんだろうか?
ヘンケル社製とは知らなかった ||
プリット終了のお知らせ。
プリットといえばコクヨってイメージ持ってなかった。
来年からは新たなメーカーからのラインアップで(ねとらぼ)
工エエェェ(´д`)ェェエエ工
なんか残念。
えー!みんな何使ってんだよ。
って思ったらイソジンと同じか。
いや厳密には違うが。(´・ω・`)
(O_O) 私は買い溜めに走ります
と言っても、20本が限界だけど…
昔はプリットシリーズに「シワになりにくいプリット」というのがあってな。実際シワにならずにアナログ原稿の切り貼りにコピーコラージュ、写植貼りに大活躍したんじゃよ、お若いの…。 近年プリットそのものがシワ対策をして廃番となってしまったのう。
アナログ同人誌には欠かせぬ必須アイテムのプリットが一区切りかぁ…。※老害の感慨感
なくなるわけではないのね。
PLUSで売られるのか。
なんですと…( ゚д゚)
【 - ねとらぼ】

Prittって海外のブランドだったのか。そしてコクヨからPLUSへ移籍とは
最近こういうの多いな:
おぉ、なんか衝撃的
代理店変更?って言うとバーバリーとかいうのを思い出すわ(正確には契約終了)
少し寂しい
これは事件だ→ - ITmedia
なんか最近こういう話多くないか?オレオとか、イソジンとか
事務やさん大丈夫?
メーカーに聞いてみました
以上

記事本文: コクヨの「プリット スティックのり」が12月末で販売終了 来年からは新たなメーカーからのラインアップで - ねとらぼ

関連記事