TOP > ネタ・話題 > 起業者に月額約14万円のベーシックインカム支給 岩手県遠野市でプロジェクト - ねとらぼ

起業者に月額約14万円のベーシックインカム支給 岩手県遠野市でプロジェクト - ねとらぼ

76コメント 2016-06-07 18:25  ねとらぼ

遠野物語の地から生まれるイノベーションプロジェクトです。

ツイッターのコメント(76)

何ができるんだろう?遠野で起業って、、、、
起業者にベーシックインカム支給 岩手県遠野市
ぴいすけの週末ヒッピー活動の思想にかなり近い!! -
何これ、激アツ。
こういう企画が日本中で増えて欲しい...
地域おこし協力隊の給与より低いけど、これで起業したい例えば無一文の人、生活はできるせど起業できるんだろうか。事業立ち上げやランニングコストとかどうすんだろう。エンジェルみたいなパートナー企業が出資してくれる?
それはベーシックインカムといっていいもか? / (ねとらぼ)
確かに魅力的だけど、場所のリスクがあるね
おもしろいね。こういうのもいいなあ。 /
これすごく気持ちは分かるけど違うんだよな。最低収入を制度で担保するってのは起業家の精神と真逆。それよりも月の利益が安定して14万以上になるように補助すべき。/
なんと!岩手県!
非常に素晴らしい試み!! -
ついに日本も、いい流れ
何故に起業家にベーシックインカム!
これはいい試み。起業のリスクに対する恐怖感を抑え、且つ、こんなに何もせずに保証されてるなら頑張らなくてもいいや、とは思わない月収設定。
を条件付きで。期間限定、起業者、住民票の移動など。 /
たったの14万?w
事業支援はないのか?そっちの方がコストがかかる。スタートアップ支援が重要だ
うまくいくんだろうか。。。
おお〜っ!これは妙案!
本来ベーシックインカムは「無条件」が基本だが、こういうのもアリだと思うの
福岡もやろう。【 - ねとらぼ】
これなら生活保障されるので、起業にチャレンジしやすいよね。
日本の成長に必要なのは新しいチャレンジとそれを支える制度じゃないだろうか。
いいと思ったが3人くらいのチームにくれないと意味ないな!
うーん。こういうの若い頃にほしかったなー。初期から売り上げたったらどうなるんだろう。もしかして研究開発分野なのかな。だとしたらだいぶコストカット / …”
地域おこし協力隊みたいな感じなのかな?違いがそこまで分からなかった。|
うわ遠野住みたい。現地のもの生かすってのはなー。何があるんだろう。
ベーシックインカムとビールと目薬はついてくるわけだ。
、、、事業資金は? / (ねとらぼ)
山口県もこれしてくれー。 >>
地域限定ならまだしも、起業家限定って、それBIとは言わないんじゃ、、

『ベーシックインカムとは最低限所得保障の一種で、政府がすべての国民に対して最低限の生活を送るのに必要とされている額の現金を無条件で定期的に支給するという構想。』
過疎化対策になれば…。

やっぱり仕事がない!遊ぶところがない!
どう転ぶかねぇ → @itm_nlab まぁ市が税金をバラ撒くってんじゃないなら、勝算を見込んでんだろうけど。
誰かー何かやろうよ
地域資源(冷涼な外気と安い土地)活かして郊外型データセンターやりたい
アイデアと商品力があっても、起業時の役所関係者を説得して回るプロセス等をすっ飛ばして協力体制が築けるのかなり魅力かな。良い条件だと思うけど、そう感じる僕は少数派なのかも

岩手県遠野市
条件付きプロジェクトを事業化する起業者に、というのはベーシックインカムでなく業務依頼というのではないだろうか|
なんかやってみたいけど、熊が気になる。
すばらしい自治体だな→
これがBIを名乗れるのなら青年農業給付金もBIを名乗れるなあ。給付金や補助金っていう言葉のイメージを嫌っただけでは。→
素晴らしいプロジェクト‼︎
発酵部門にどぶろくで応募したい。
これいいね!牌製作に専念するチャンス!
起業家にプロジェクトで最低所得保障をするという岩手のニュースは気になるものの、これは一般に単なる期限付きの補助金とか支援金と言われる類のもので、到底BIとは呼べないだろう。まず、特定の人間に対する保障であることが目的を損なっている。
「限界集落」「発酵」「テクノロジー」などの10テーマが対象となり、期間は3年間。
近隣のジジババからねちっこくイジメられそう。 /
興味あるな。自動運転とかWifiを使った観光関係とかやってみてぇな。
移住を目的とはしないが住民票を写せ、と。ここで学んで巣立って行くも良し、か。試みとしては面白いし楽しみだが、一方であごあし付きの起業で大丈夫なんだろうか?とも /  岩手県遠野市で…”
すっごいいい話!行政が起業家の活動に口出ししなかったら最高!
こんなんもっと国上げてやれば良い❗
もっと見る (残り約26件)
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR