TOP > ネタ・話題 > 日経新聞、再びラッパーに? 記事タイトルがまたも韻踏みまくりで「日経ラッパー記者」の存在ささやかれる - ねとらぼ

日経新聞、再びラッパーに? 記事タイトルがまたも韻踏みまくりで「日経ラッパー記者」の存在ささやかれる - ねとらぼ

44コメント 登録日時:2016-04-26 19:34 | ねとらぼキャッシュ

声に出して読みたい日経、再来。...

Twitterのコメント(44)

新聞ラッパーになりがち問題
ググった限り、これら2記事を除いては、他に韻を踏んだ記事タイトルはどうも見当たらない。残念…。
「ラップのようだとは指摘されて初めて気づきました。狙ったわけではなく、素直に見出しをつけた結果だと思います」
ラップをしている場合ではなく、労働。朝から銀座で取材だったんだけど、記事タイトルで韻を踏みたくなっている自分がいる。気持ちがわかってきた。>>>
日経新聞、購読してませんが、
ラッパー記者リスペクトしてます
わろた。

話題の記事「5G通信で技術革新 VRで触診、記者も感心」
「記者の感心」はさすがに意図的では……!?
前にもこんな韻を踏む見出しあったなと思ったら、同じ日経か。>
見出しでラップといえば日経だと思っていたが、共同通信にもラッパー記者がいるのか…?
titleダクで韻踏んでみるか、、、
スポーツ新聞ではなく日経新聞というのも良いが、発見者も賞賛に値する。
これ絶対タイトル読みながら手振りつけちゃうw
日経新聞、再びラッパーに? これは指摘した人の視点がオモロイw長年新聞で記事を書いてるけど、見出し付けでそんなこと考えてる暇のある記者はまずいないと思うのでw
おもしろすぎる→
今回のは譜割りがむずかしい →
ラッパーつーか、見出しの〆を記者の感想にするのって、「本紙記者も思わず昇天」見たいだw
今回はスルーします。よろしくお願いします。 -
最初の「パソコン苦境…」は偶然だろうけど、「記者も感心」はベタすぎ&無理矢理でちょっと醒める。

Re:
記事本文を読んでもらうためのキャッチアップ大切(切実 →
此れは狙ってるだろ!
…… 韻踏みはいいですが、近ごろのニュースの見出しは内容がまったくわからないのは困る
時代は、留まることが出来ない。
頭ふりふり
日経、マジ尊敬。産経?今無関係。みたいな。:
「 記事タイトルがまたも韻踏みまくりで『日経ラッパー記者』の存在ささやかれる」

いや、これは明らかに狙ったでしょ。
まさかの日経で爆笑!絶対に狙ってるでしょ!次の作品に期待w
いいや、絶対狙ってるハズ!w
・・・日経新聞タイトル斬新
前のも好きだったけど今回はさらに好き⇒ @itm_nlab
この場合のラップとは「KissからはじまるMiracle」みたいな脚韻を踏んでるということか> 記事タイトルがまたも韻踏みまくりで「日経ラッパー記者」の存在ささやかれる(ねとらぼ) -
ホンマやwww
とはいえ前回ほどのキレとインパクトに欠けるな…って、何の話だよ
「パソコン苦境、見えぬ展望 東芝・富士通・VAIO統合」←これ韻だけじゃなくて普通にリズミカルに言えてすごい。
ラップとやらを知らないからかもしれないけど、たまたまなんじゃないかなっと…思うよ。 / “ - ねとらぼ”
>指摘されて初めて気づきました。狙ったわけではなく、素直に見出しをつけた結果:真性ラッパー記者ってことか?:
見出しより記事の中身を何とかすべきだろう、日経は。特に任天堂関連。
りんもっくさんが載ってる
「指摘されて初めて気づきました…」と担当者。
Yahooヘッドライン入りも久しぶりw
チェケラ!プチャヘンザ!
こういう「張本人は至って真面目にやってるのになんでかおもしろおかしくなっちゃってる」ネタほんと好き
あくまで白を切り続け、またしれっと韻を踏むやつや...!
以上

記事本文: 日経新聞、再びラッパーに? 記事タイトルがまたも韻踏みまくりで「日経ラッパー記者」の存在ささやかれる - ねとらぼ

関連記事