TOP > ネタ・話題 > 小泉進次郎の“危険性”。出世すれば米国が喜ぶだけだ/古谷経衡 | 日刊SPA!

小泉進次郎の“危険性”。出世すれば米国が喜ぶだけだ/古谷経衡 | 日刊SPA!

13コメント 登録日時:2019-10-07 09:58 | 日刊SPA!キャッシュ

期待の閣僚ナンバーワン小泉進次郎の「危険性」小泉進次郎の初入閣でマスメディアは沸いている。進次郎入閣で、すわ内閣支持率は5ポイント程度上昇し、期待する閣僚のナンバーワンに進次郎の名前が躍る。しかしこ…...

Twitterのコメント(13)

本当に喜ぶのは米国なんですかねえ?
小泉進次郎氏は、何も出来ない無能政治家だと思う。
的外れもいいところ。“危険性”はもっと手前にあるだろう。石破的なアレが
Wikiにはジェラルド・カーチスに師事と書いてあったけどWikiは間違ってるのか?
進次郎だけは総理にしてはいけない。共和党寄りの対米追従者 中身もないのは言葉だけではない。国益は全て米国に捧げる二世ポチ犬。二度と這い上がれぬ国に
CIAの工作員だからな。
勝手な記事だ。くだらない
“この人が総理大臣になったら、米共和党は「極東に若くて父よりも従順なアメリカの傀儡が誕生した」とほくそ笑む”
神輿は軽い方が良いってか? 🤷🏻‍♂️
実際は父の小型版?小泉進次郎氏の「危険性」は政治的素養がないことか なんで危険なん?
いいことやん。
実際は父の小型版?小泉進次郎氏の「危険性」は政治的素養がないことか
危険な進次郎。
以上

記事本文: 小泉進次郎の“危険性”。出世すれば米国が喜ぶだけだ/古谷経衡 | 日刊SPA!

関連記事