TOP > ネタ・話題 > タワマンに実質0円で住める金持ち、庶民は家賃11万円も払って通勤2時間の現実… | 日刊SPA!

タワマンに実質0円で住める金持ち、庶民は家賃11万円も払って通勤2時間の現実… | 日刊SPA!

12コメント 登録日時:2019-10-15 18:57 | 日刊SPA!キャッシュ

一部の富める者だけが甘い汁にありつき、その他大勢が負け組と化す――。作家・橘玲氏が新刊「上級国民/下級国民」で描いた現実は、日常のあらゆる場面を侵食している。日本を覆う「新型格差社会」のリアルを追っ…...

Twitterのコメント(12)

資本主義では当たり前ですが、一極集中が通勤地獄をより酷いものにしています。東京は世界で一番通勤時間の長い年です。これは異常としか言えません。
この記事も大概頭おかしい

保有資産が値下がりした場合は真逆の事になるわけで、リスクを取ったからリターンがあっただけのこと
文字通りの資産格差。
ひどい煽り記事。

@weekly_SPA さんから
こんな時に…皮肉?

@weekly_SPA より
足立区竹の塚なんて車ないと生活できないだろう。

@weekly_SPA さんから
こういうのがまさに取らぬ狸の皮算用バカ記事。

武蔵ウン小くさ杉にそんな価値はなくなった。
利益確定しないと絵に描いた餅に過ぎない。
前から言ってる事なんですけど、お金持ちだからといって決して汚いわけではないし、お金がないのはお金持ちのせい。という時代でもないのよね。
だから郊外の新築マンションなんて買うのは、うんと損なのよね・・買った瞬間から値下がりが始まるんだもん。 超一等地の物件は、供給が限られてるから、値下がりしにくいのは当然の話。
以上

記事本文: タワマンに実質0円で住める金持ち、庶民は家賃11万円も払って通勤2時間の現実… | 日刊SPA!

関連記事