TOP > ネタ・話題 > パチプロから見たギャンブル依存症とは? | 日刊SPA!

パチプロから見たギャンブル依存症とは? | 日刊SPA!

17コメント 登録日時:2018-09-07 19:28 | 日刊SPA!キャッシュ

ギャンブル依存症と言う言葉が広く知られるようになって、10年以上の時が経った。この言葉が広く知られるようになった大きなきっかけのひとつは、いわずもがな“カジノ法案”である。しかし、言葉の伝播が加速度…...

ツイッターのコメント(17)

なんでこの手の記事ってパチンコホールが過去に起こした事件(遠隔や数を抜いて数えるジェットカウンターなど)をスルーするんだ。釘なんか見れば分かる話なんだから、もっと悪質なブラックボックスが多い点を叩けよ
パチプロの丈幻さんに、パチプロ からみたギャンブル依存症について語ってもらいました。担当(T)
何をどう論議したってパチ屋の必要性が出てこない 三店方式 釘調整 ギャンブル依存症 これから先あやふやにしてまで存続させる意味は?
韓国、朝鮮系に献金の売国奴やがなw
“それに対する内閣の答弁は「現行の景品交換の方式は賭博罪にはあたらない」というものでした”

ここを容認してギャンブル依存症を適用するのは欺瞞だ。
▶パチンコ屋 殺生与奪は 警察次第 
 カジノが次なる警官の天下り先
三店方式の抜け道も茶番。パチンコは完全にギャンブルで違法賭博。
「ソープランドは売春ではない」と強弁するようなもの。
「ギャンブル依存症の定義が曖昧」と言いつつ、パチンコ業界が「ギャンブル依存症対策には最も率先して取り組んでいる」といのは論理矛盾でデタラメ。
依存症って本人のメンタルの問題だから「なんとかしろ!」って詰め寄る方が無意味。
お金持たせないぐらいしか対策しようが無い。
「日刊SPA!」の取材を受けまして、昨今の「ギャンブル依存症問題」について語ってみました。なぜこんなことになっちゃったのか?本当に今一番危ないことは何なのか?…というあたりの話です。よろしく!
長年国民的レジャーに賭博のレッテルを貼ろうとするのは何故?賭博依存を言うなら酒依存も社会問題として取り上げれば、社会から喧嘩や交通事故も減るのでは。-
パチンコをする人の後ろ姿ほど、気の毒なものはない。働いたカネを外国人に吸い上げられながら、喜んでいる。パチンコホールはこの世の地獄だよ。
脱法ギャンブル。在日利権。>
政治献金と天下りの確保のため
曖昧な法解釈の上に成り立つパチンコ業界。営業システムは法的に賭博罪に抵触しないのかという換金問題もある。遊技台の釘を動かす「釘問題」も含め、今なお各方面で議論が続いている。
早く潰してしまえ~
営業システムは法的に賭博罪に抵触しないのか
遊戯台の釘を動かす「釘問題」、議論は続いている
北海道地震でパチンコ屋が通常営業して近辺住民は停電のまま
そこへパチンコ行く方が依存症違う?
立憲民主党営業止めさせろ!
以上

記事本文: パチプロから見たギャンブル依存症とは? | 日刊SPA!

いま話題の記事