TOP > ネタ・話題 > 大量のエロ本に囲まれて孤独死…死後1か月以上経過した部屋のすさまじさ | 日刊SPA!

大量のエロ本に囲まれて孤独死…死後1か月以上経過した部屋のすさまじさ | 日刊SPA!

25コメント 2017-05-29 07:22 | 日刊SPA!キャッシュ

亡くなっても誰からも発見されず、無残に虫の餌食になる痛ましい孤独死者。その数は、この10年で3倍にも増加しているという。男性の一人暮らしで孤独死したケースを見てみよう。部屋の壁面に溢れんばかりのアダ…...

ツイッターのコメント(25)

気をつけようにも気をつけようがないがない……。

【日刊SPA!】 @weekly_SPA より
アナログ版将来の俺じゃん
Sゴーさん...。
大量のエロ本に囲まれて孤独死…実は孤独ではない孤独死・・ギャルたちの笑顔に囲まれて・・ |
恐ろしすぎる
孤独死の記事。
寝ている階下の住人の顔に死体の体液がかかり発見される場合も。
染みつくような生活感がエロ本にエロ動画だろうね。 行く末が孤独死か。
これは辛い…→
知り合いの死体処理の話聞いたがその仕事絶対無理だと思った( ′∆‵)
これもしんどい
明日は我が身か。。。?
アダルト雑誌だけでも6t
大量のエロ本の中での孤独死。寂しすぎる。
尊厳死
孤独死からの腐乱怖い…と言うかこのケースはエロ本がコレクション対象だったってだけだしなぁ◾️
大量 6t のエロ本に囲まれて孤独死…死後1か月以上経過した部屋のすさまじさ |
桐谷さんのお家がきれいに思えるかも…
死後に体が腐敗して溶けるのは避けられないが、遺族や家主等に迷惑を極力かけないために、普段からこまめに部屋の整理整頓をする事が肝要だ(・_・)
人間って、死ぬとわりとすぐに腐乱しはじめてだいたい今の時期だと2日もすればくさーい体液が垂れ始めるらしい。
明日は我が身
なにそれ!こわすぎ!!! "なかには下で寝ていた住民の顔に体液がポタリと垂れたことで孤独死が発覚したケースもありました"//
以上
 

いま話題のニュース

PR