離れていてもアイドルにさわれる!?「VR握手会」が面白い|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社

ツイッターのコメント(12)

VR握手会で盛り上がっていますが、当然思い描くのはAIビートルズ(PJ監督のMALの技術も使用)を間近で見ながらの握手…🤤
ポールリンゴの場合はご本人の可能性も🤩

かつて彼らの平面の手形に自分の手を重ねて興奮した女児は、仮想現実でその妄想に磨きをかけることになります。
うーん…これはちょっとねぇ…
なんでもVRの世界で済まそうとしてますよ‼️😱
こういうのって医療に活かしたいと言いながら、流行るのは助平業界からでしょう。
そのうちこうなる?!
ハプティクス技術によって離れていても疑似的に握手ができる“VR握手会”。これはアイドル的には将来的に革命が起きるかもしれないですよね。

アイドルにおいて握手会やチェキ会的な接触は非常に重要。しかし距離の問題や感染対策は気になる話なわけで。
VR握手会ですかw売ってるアイドルのサイト同じで実際に誰が握手してるかまではわからないですよねwww /
自ら脳を騙したり誤魔化すことを喜んで受け入れた時点で、この世に生を受けた資格を手放すような気がするのは、気のせいだろうか。 /
以上
 
PR
PR