化学農薬半減「50年では遅い」、料理評論家の服部幸應さんが鳴らす警鐘|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社

こちらは、化学農薬半減「50年では遅い」、料理評論家の服部幸應さんが鳴らす警鐘のページです。日刊工業新聞社のニュースをはじめとするコンテンツを、もっと新鮮に、親しみやすくお届けするサイトです。

ツイッターのコメント(25)

品質も最高なのに日本は農業への位置付けが酷く遅れているんです😭
服部調理師専門学校の卒業生は
有機野菜を高く買い取って使います!とかだったら分かるけどね
さすが服部先生!そうなんです、世界から取り残されてしまうんです。

化学農薬半減「50年では遅い」、料理評論家の服部幸應さんが鳴らす警鐘
化学農薬が使われる前の平均寿命と化学農薬が使われ始めてからの平均寿命を比較すると、特段化学農薬が悪者って訳でもないと思ってる。
農薬が良い悪いではないと思いますが、メリットデメリットを正しく把握しとくことが大事だと思います。
化学農薬半減「50年では遅い」、料理評論家の服部幸應さんが鳴らす警鐘|
「残留農薬が欧州連合(EU)の基準値を超えていて実現できなかった。」

輸出用に作ればいいだけでは?その分のお金を農家に払って。
計算したわけじゃないが、夏のコメをやめて冬の麦作に転換したら、即座に農薬は半減すると思う。ま、そんなばかげた想定よりも、有機を推進する国の政治的意図を考察すべきでしょうね。残留基準は上手に使うと非関税障壁になるから。
理想を語るのはいいけど、農地も農業従事者もどんどん減っていってるって、少しは現実を見た方がいいと思いますよ。
有機農法で使われる堆肥(牛糞堆肥)や鶏糞などを動物の権利?も擁護しつつどうやって確保するつもりなんだろ?バーク堆肥にしたって林業が。
 
PR
PR