太陽光パネル“大量廃棄時代”に備えろ。丸紅はイチゴ栽培でリサイクル|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社

こちらは、太陽光パネル“大量廃棄時代”に備えろ。丸紅はイチゴ栽培でリサイクルのページです。日刊工業新聞社のニュースをはじめとするコンテンツを、もっと新鮮に、親しみやすくお届けするサイトです。

ツイッターのコメント(8)

永久とは思っていなかったけど、
太陽光パネルって、20年くらいで劣化するんだ…。
全てが再利用できる方向になると、2040年頃大量廃棄される80万トンから回避できる。半永久的な代わりとなるものの開発を願う。
太陽光パネル“大量廃棄時代”に備えろ。丸紅はイチゴ栽培でリサイクル

小泉おぼっちゃまはパネルを勧めるだけで廃棄の事は無関係。
太陽光パネルのリサイクルって、剥がして粉砕して…ってやつだけじゃないんやね…🍓🍓🍓😋
「太陽光パネルは設置から20年程度で劣化し始める。リユースやリサイクルの市場はまだ確立しておらず、不法投棄などで廃棄パネルが社会問題化している」

太陽光パネル“大量廃棄時代”に備えろ。丸紅はイチゴ栽培でリサイクル|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社
最近この手の話が目に付くようになったけど、一番重要なセル部分は相変わらず埋立で剥ぎ取ったガラスだけリサイクルして「太陽光パネルはリサイクルできまぁす!!」ってのはちと乱暴過ぎやしないかね。
"イチゴ栽培では、農業法人のGRA(宮城県山元町)と共同で取り組む。無数の穴が開いているため水を多く含む特徴を生かし、培土として利用できるか検証中"

太陽光パネル“大量廃棄時代”に備えろ。丸紅はイチゴ栽培でリサイクル
以上
 
PR
PR