水素ステーションのコスト減につながる新型圧縮機の実力|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社

ツイッターのコメント(11)

水素発展の障害となるコスト減に向けた様々な技術が開発されている。
加地テックは2021年度内にも燃料電池車(FCV)水素ステーションのコストダウンにつながる新型圧縮機を市場投入

水素ステーションのコスト減につながる新型圧縮機の実力
これぞ日本の技術力!
なんせ日本は周辺一帯水だらけの国!
どこよりも安いコストで水素供給できるようになればエネルギー輸出国も夢ではないかも~?!
電気→水素→電気でどれくらい減衰すんの?効率わるいんやんな?
既存の電池よりマシなのかな。
今いくらなのかが気になります
だそうです
>水素社会の実現にはステーションのコスト低減が課題で、
水素ステーションも進化していってる
初代MIRAI買いたいけど、北海道で死にそうで買えない。
気体の水素を超高圧に圧縮する圧縮機ユニットは、水素ステーションを構成する主要機器
加地テックは21年度内にも燃料電池車(FCV)水素ステーションのコストダウンにつながる新型圧縮機を市場投入する。従来機に比べて圧縮機構を簡素化した。
水素ステーションのコスト減につながる新型圧縮機の実力

「加地テック」は2021年度内にも燃料電池車(FCV)水素ステーションのコストダウンに新型圧縮機を市場投入する。
国の「水素・燃料電池戦略ロードマップ」圧縮機の25年コスト目標は16年比45%減
以上
 
PR
PR