TOP > 政治・経済 > 「趣味の出版社」、50%以上が返本で倒産という恐怖|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社

「趣味の出版社」、50%以上が返本で倒産という恐怖|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社

こちらは、「趣味の出版社」、50%以上が返本で倒産という恐怖のページです。日刊工業新聞社のニュースをはじめとするコンテンツを、もっと新鮮に、親しみやすくお届けするサイトです。

ツイッターのコメント(19)

残念です。ほんと・・・。自分の買っていた数種の雑誌は他に引き継がれているようです。
エイ出版社、面白い出版物ばかりだったが多角化が心配ではあったが、案の定か…
エイ出版社50%以上返本 倒産要因の一つが高い返品率。どの書店にもあること、種類が多いことが経営苦しめたとある。でも趣味の本は目に留めて思わず買う傾向高いから難しいところ。結局本離れが要因ですね。本読まない民族や国は力無くして混乱又は滅びるんですけどね.
へえ、あの出版社がねえ·········
広告で成り立ってると思ってた。そんなに売れてるとも思わんかったし。/ -
エイ出版、こんなことになってたのか。知らなかった。私が編集者だったころは、イケイケで拡大しているイメージしかなかっただっのに。出版者経営は難しいねえ。
学ぶべき事は学ぶ!
エイ出版社、点数増え債務超過に
色々あった雑誌、ライトニングもここだよね。
まぁ、ホントに本は買わなくなったな。
毎月買っていた車雑誌も一切買わ無くなったし。
んー。コンビニに並べてもそこそこ売れそうなムックをいっぱい作ってた印象なんだけども。
出版点数が増えるに連れ、返本率が上昇。近年は業界平均を大きく超え、50%以上が返本されるようになった。/
「オンリーワン」な出版社が「オンリーワン」であるために苦境に立たされるのが今の出版業界。
なんとか立ち上がってほしかった、、、。
うーーん、出版不況だけが原因ではないのでしょうが…。拡張路線はしんどいでしょうね。

まあ、身の丈にあった出版を粛々と続けます。

でも、出版不況のニュースは、しんどい。
趣味系で頑張ってるとこもあるので、枻出版社の倒産を「趣味の出版社」の見出しで報じるのどうなんだろか
《事業多角化の弊害も露呈した。出版以外の事業の黒字化は遠く》

出版社は出版社だからね。もっともエイ出版は、出版業も大切にしてただけに、気の毒ではある。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR