TOP > 政治・経済 > ポテトチップスの「食感」をAIが数値化|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社

ポテトチップスの「食感」をAIが数値化|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社

こちらは、ポテトチップスの「食感」をAIが数値化のページです。日刊工業新聞社のニュースをはじめとするコンテンツを、もっと新鮮に、親しみやすくお届けするサイトです。...

ツイッターのコメント(14)

好きな食べ物って、好きだから細かい拘りがある場合と好きすぎてなんでも許せる場合があると思っていて、私はポテチに関しては完全に後者です
特に薄切りののり塩ならファミリーサイズも瞬殺
「奥歯に見立てた圧縮装置で圧縮試験を実施」
→「力の大きさや食品の変位量の時間変化のパターンを教師データ使用してディープラーニング」とのこと

食感は奥歯よりも舌の感触に拠る要素が大きいと思うが
一検討例として面白い
食感についてはプリングルスが好きですが、味はカルビーが最強ですね! -----
大きさが同一でなくても判別できるのはスゴイのでは。しかし変わった研究する大学もあるもんだ
食感。。。たしかに。。。
理工学部生命科学系の武政先生の研究です!
世の中美味しいものだけになって欲しい。

ありがとうございます。

ーーーーーーーーーー
単位は何になるんだろう
ポテチ、おいしいですよね。実は食べ物のおいしさの6割は「食感」で左右されるそうです。そんな食感をAIでを数値化し、食品を判別する技術が開発されました。おいしい食べ物の開発に役立ちそうです。ニュースイッチ
食感が一番大事な私にとっては最高のお知らせ!カロリー書く欄に食感数値が一緒に書かれる日が来ちゃうのか…! /
食感の数値化。おもしろい!
食感も数値化できちゃうのか…しかも3種類のポテトチップスを判別することに成功できてるともある。 /
実験に使用したポテトチップスは学生が美味しく食べました。たぶん。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR