TOP > 政治・経済 > ソニーが発売。着るクーラーの仕組み|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社

ソニーが発売。着るクーラーの仕組み|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社

こちらは、ソニーが発売。着るクーラーの仕組みのページです。日刊工業新聞社のニュースをはじめとするコンテンツを、もっと新鮮に、親しみやすくお届けするサイトです。...

ツイッターのコメント(19)

着るクーラーっていうなんとも夢の詰まった名前。
お腹壊しそう
キャッチフレーズはインパクトあるし
気になる
まぁ徐々に広まりそう
2時間半やし、1万3000払って肌着を涼しくしたいと想うのだろうか?
将来的には、密室でエアコンを使う必要が無くなるのでしょうか。

楽しみです。

ーーーーーー
シャツとクーラーの掛け合わせ、面白いです。
扇風機のように風を送って冷却するのではなく、化学反応で冷却・温熱を行うみたいですね。
これにより、温度調節が柔軟にできるようになるのかな?

ただ、耐用年数が気になります。
あら、これ良さそうね。

そういえばファン付きの作業服は意外と伸びたのよねぇ。

これも作業する人を中心に需要が高まれば株価にも大きく影響しそうね。
対ユニクロ! /
首のちょい下にくるようにするらしい。血液の交差点っぽい場所だ。電池が切れたらそこに冷えピタとかホッカイロ入れても良さそう。 /
面白いけど、お高い…(-.-;) /
✅ソニーが着るクーラーを発売

充電が2時間半しかもたないのは残念。
平日だと通勤の時間に使う分にはちょうど良さそう。

>> 価格は1万3000円(消費税抜き)。専用肌着は1800円(同)。
冷却動作時で約2時間半使用できる。
着るクーラーっていいネーミング。ただ18,000円出す価値は感じないから、中国が5,000円くらいのパクリ製品を出してくれないかなぁ。 /
ソニーのテクノロジーがついにアパレル業界へ。
ビジネスパーソンや肉体労働者、夏の冷房対策としてもニーズがある。
ファッションとしての服の市場ではなく、機能としての服の市場を開拓するこの商品。
冬に必須なヒートテック。
年中必要なレオンポケットとなるか。
ソニーがこうゆう商品出すの珍しいね。実際に値段と品質のバランス次第かな。正直レビューを期待したいね。 /
着るクーラー。温暖化も商機になるのですね。流行るかな??
商品よりも、クラファンで6600万円集めた事の方が驚きやわ
僕)どうなんですかねえ、ポケットを付けるお仕事が始まるんですかねえ。。
ま、それにしても高いですが。。🖖🖖
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR