TOP > 政治・経済 > 「仕事+旅行」ワーケーションが鍵?観光産業の復活シナリオを考える|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社

「仕事+旅行」ワーケーションが鍵?観光産業の復活シナリオを考える|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社

こちらは、「仕事+旅行」ワーケーションが鍵?観光産業の復活シナリオを考えるのページです。日刊工業新聞社のニュースをはじめとするコンテンツを、もっと新鮮に、親しみやすくお届けするサイトです。...

ツイッターのコメント(23)

ワーケーションの「質」って何なのかをしっかりと考えられる地域が成功すると思います。→
確かにワーケーションは今後の観光業のひとつのトレンドになるけれど、その前に旧来の考え方と新しい考え方とのせめぎあいが強いので、もう少し普及は先になりそう。
環境省は新型コロナ対策の2020年度補正予算で「国立・国定公園、温泉地でのワーケーションの推進」を盛り込んでいて、キャンプ場などで無線通信環境整備を支援していく予定とのこと。
ワーケーションは自分たちの事業を通して普及させたい文化の一つです🔥
コロナちゃんのおかけで、サラリーマンでも旅行しながら仕事出来るスタイルがめっちゃ近づいたね✈️
>今夏の旅行は、家族と過ごす休暇を兼ねて旅先で仕事する“ワーケーション”の普及が一つのテーマだ。テレワークに慣れたことで従来に比べてハードルは低くなった。
なんでもかでもカタカナで表現するのは如何なもんかね。 /
旅行先で仕事が可能なのって、スマートフォンやタブレットで仕事が完結する人に限られますよね。

パソコンが必要な人の場合、セキュリティ確保のためVPNに入る必要があるので、旅行先のホテル等でパソコンを借りられた...
「今夏の旅行は、家族と過ごす休暇を兼ねて旅先で仕事する“ワーケーション”の普及が一つのテーマだ。テレワークに慣れたことで従来に比べてハードルは低くなった。長期滞在型の家族旅行という新たなスタイルが定着すれば、訪日客に過度に頼らないリゾートも実現できそうだ」
この発想好き❤️
よし!沖縄に行こう!笑
ワーケーションは積極的に導入したい。
課題は、家族世帯での実施。夫婦どちらかの会社がリモート認められない会社や職業だと難しいし、子供がいると夏休みしかできないとか。流行り言葉にせずに機能させるには、法整備や各業界団体での動きが必要かも。
場所はどこでも良くなるけど
新しいマナーとしてWi-Fi環境の方を意識しなきゃ行けないよね
ちょっと気になる。乗り物とネット環境に困らず、焚き火の前でドヤ顔マックしたいぜえ。 /
ワーケーションが一般的になるといいですね。わくわく。
>今夏の旅行は、家族と過ごす休暇を兼ねて旅先で仕事する“ワーケーション”の普及が一つのテーマだ。

リモートワークが定着すれば、自宅と旅行の間のサービスが出てきてもおかしくないですね。
完全成果主義になって、土日の概念が無くなったら旅行しやすくなると思う。今のままだと週末や長期連休に人が集中してしまう。 /
温泉地をサブオフィスに福利厚生とか!
GO・TOキャンペーン早くしてほしいわ /
観光の復活に向けて、試行錯誤が続きそうですね。
現在セブ島で隔離中ですが、リゾートホテルではデスクがなかったり、雰囲気の良い照明も仕事にはしんどいですよ!
✅ハウルの動く城みたいになって行く事を凄く期待!!

サッカースタジアム、海水浴場、森の中、などクリエイターには好条件か。
旅行しながら仕事できるようになるといいなあ。すでにやっている人もいると思うけど。

オフィスもサイズ半分でよいのではと思う。
ワーケーションでの接点をどう線にしてく考えないと、やったは良いが生まれないは繋がらないはになっちゃう。あとそこまでのアクセスはめちゃくちゃ重要。 /
観光系はどのくらいで復活するかな
リモートワークやテレビ会議が普及すると、不要不急の出張も減るような気がするが、如何に。 /
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR