TOP > 政治・経済 > 研究に専念できるように…東京電機大が博士課程の院生を年収240万円で雇用|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社

研究に専念できるように…東京電機大が博士課程の院生を年収240万円で雇用|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社

こちらは、研究に専念できるように…東京電機大が博士課程の院生を年収240万円で雇用のページです。日刊工業新聞社のニュースをはじめとするコンテンツを、もっと新鮮に、親しみやすくお届けするサイトです。...

ツイッターのコメント(14)

[欹耳袋]ニュースイッチ「研究に専念できるように…東京電機大が博士課程の院生を年収240万円で雇用」(2020年5月13日) ※学内雇用制度はいいとしても,「その間は学部生の授業の補助や修士課程の院生の指導、大学の運営補助などの仕事も行う」のは負担が大きくない?
こーゆーのどんどん導入してほしい
年収240万円です安いと思いますか
240万でどうやって専念すんねん事務職員未満やんけ
ニュースになってる(ニュースにならないくらい当たり前になったら本当に嬉しい)。業務内容は,ご自身の研究のほか,①所属研究室の指導補助を週1コマ,②学部の演習等の授業科目の補助を週3コマ。③学力考査と入学試験の監督補助業務。
募集は9月,選考は10月の予定です。
全大学でこうなればいい
いいなー!!羨ましいー!
研究に専念できるように…東京電機大が博士課程の院生を年収240万円で雇用
理工系修士修了新卒採用で年収240万円、しかも裁量労働制で残業代ゼロだったら誰も見向きもしない待遇だが、博士課程院生としては国費留学生並の待遇だったりする。
おー
すばらしい

「東京電機大学は博士課程の大学院生を年収240万円の専任教員として雇用する支援制度を2021年度に始める。優秀な学生が自分の研究に専念できるよう、院生のまま任期付きの特任助手とする。」
おぉ〜。 > 東京電機大学は博士課程の大学院生を年収240万円の専任教員として雇用する支援制度を2021年度に始める。
研究に専念できるように…東京電機大が博士課程の院生を年収240万円で雇用|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社
博士課程への進学のハードルのひとつである経済面の支援は拡大して欲しいと思います。支援を受ける学生は前向きな研究姿勢を持つはずです。

学位取得のハードルを超える研究者を育てることが出来ると思います。こういった仕組みが研究力の底上げに繋がると確信してます。
以上
 

いま話題のニュース

PR