TOP > 政治・経済 > オンライン授業は大学教員の教育力の優劣をあぶり出す|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社

オンライン授業は大学教員の教育力の優劣をあぶり出す|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社

こちらは、オンライン授業は大学教員の教育力の優劣をあぶり出すのページです。日刊工業新聞社のニュースをはじめとするコンテンツを、もっと新鮮に、親しみやすくお届けするサイトです。...

ツイッターのコメント(19)

東京大学を含め有名大学は休校が決まるといち早くオンライン授業を取り入れたそうだ
やはり学校のそういう体制が学生の優劣をも決めていくのだろう
方や地方の小中学校は各自治体いかん
新型コロナ対策の休校延長で学力の格差はかなり広がりそうにも思える
本学は明日からオンラインで新学期がスタート。学生たちに有益有意義な講義を提供できるよう、がんばる。
筆者は小中高のいわゆる「学校」と大学との違いがわかっていない。教員免許がなく、学位が事実上必要な大学教員は、「教えるプロ」ではなく「学ぶプロ」だ
これを期に適当な大学教員は全員滅べと思っているけど
適当な授業を受けないといけない学生は悲惨だよな
オンライン授業が広く公開されるという前提に、少し無理があるような気がします。
ちょうど、つい先日。ここまでオンライン化が広がり、もし定着した暁には学校がたっている土地は関係なく、教員の授業力や学校の教育の特色が本当に試される時が来るという話をした。
合わせて、学校のゾンビ化何て言う言葉まで出てきている。
さぁ。正念場だ。
これはもう不可避ではないでしょうか。
意欲的な学生からすればこれはすごく嬉しいはず。学問するのに〇〇大学なんて関係ないですよね?
こわいです。。。
研究者と教育者って違う才能を必要とするんだよな。最新のITや教育ツールをバリバリ使いこなせる鬼才の研究者なんて、なかなかいないんでない?
学校は年齢が上がれば上がるほどオンラインだけでも問題なくなる。そうなるともちろん評判の先生に集中して所得の格差も広がる。人気の先生はアシスタントを複数人個人で雇ってグループディスカッションや個別生徒へのフィードバックの生産性を高めていく。
【多くの人が各教員の授業を目にできる仕組みとなり、今までうやむやにしていた各教員の教育力の優劣が、見えてくる】 「教育力でも教員評価が進むことになるのかもしれない」
ほんとうにそう思う。優秀な先生でも教育力は高くない方もいるからね。〉〉
教育力も必要とされてる時代みたいだけど、大学教員の本分は研究だと思うの。
一億総ユーチューバー化を煽っとる。
アフターコロナの大学教育は、これから議論になろう。大事なのは、授業スタイル全てを遡及的に戻すのではなく、今学期に培う経験を、次学期以降にどう活用していくかになるかだ。
ここに書いてあることはその通りだけど、もう少し深く考える必要がある。人気youtuberのように大学教員がなるには、距離と場所の広さの制約が外れるだけでは条件が弱く、さらに時間拘束(同期性)、ニーズの普遍性、目的に対する人数制約の制約が外れないといけない。
「オンライン授業は大学教員の教育力の優劣をあぶり出す」日刊工業新聞、2020年5月4日
以上
 

いま話題のニュース

PR