TOP > 政治・経済 > 新型コロナが働き方に迫る“脱一律”の衝撃。「日本型雇用慣行」がいよいよ終わる|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社

新型コロナが働き方に迫る“脱一律”の衝撃。「日本型雇用慣行」がいよいよ終わる|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社

こちらは、新型コロナが働き方に迫る“脱一律”の衝撃。「日本型雇用慣行」がいよいよ終わるのページです。日刊工業新聞社のニュースをはじめとするコンテンツを、もっと新鮮に、親しみやすくお届けするサイトです。...

ツイッターのコメント(17)

代表取締役が、シカゴ学派からケインズ経済に応用型で戻すことで対応出来るか?って話になってきたなあ。おっと!それが怖くて今日付で無職を選んだ代表が。
After コロナにおいて、より注目すべき点は、企業における組織政策の脱一律化を推進させたこと。

部署や職種ごとに適したものに多様化させる大きな一歩になると思います。
#人事制度 #働き方 #新型コロナ #採用 #雇用
>日本型雇用慣行が継続した理由は、全社一律主義にあった。テレワーク、新卒採用の通年化、初任給の引き上げ、職務型の人事制度の導入、選択定年制。この数年、日本企業が悩んできたテーマは「全社一律ではできないから導入しない」というもの。今回対応は大きな一歩になる。
すぐに変わるとは思わないけど、新卒一括採用は段々と崩れていくと思う。
ようやく解雇規制緩和の動きになりそうだね、素晴らしい事だ
コロナによってようやく悪しき日本型雇用が破壊できるのか!?非常に楽しみ♪
マスゴミの印象操作や扇動で右往左往始まらなければ良いけどねw
脱一律が衝撃だということが衝撃
日本型雇用慣行はコロナ渦にて終えるべき。数年後にコロナでもいい部分があったよねと言えるといいな
あとは労基法だけか・・・
転職市場もメーカー各社も、今までの既存概念ではなくアフターコロナを見据えて採用計画もどんどん変えてきてきた。
・求人倍率は下がると予想されるが、下がらない職種もあり(ex.建設業)雇用環境は多様に
・テレワークが強制され、可能な部署のみがテレワークになったことから、全部署一律ではなく部署ごとの判断が可能に
・職場ごとに効果的な働き方の政策をもつ組織づくりが大事
コロナをきっかけに変わってくれることを願います。 / 新型コロナが働き方に迫る“脱一律”の衝撃。「日本型雇用慣行」がいよいよ終わる (ニュースイッチ)
コロナが変えたこと
「全社一律→脱一律へ」

脱一律がもたらす変化を記事中では書かれています。

定年後の就業規則とかも各事業部で決めていくのか?
無駄な慣習をなくし、ワークライフバランスが整わないと、サラリーマンは減っていくよな
「withコロナ・afterコロナ」の社会は日本の働き方にどのように影響を与えるか。組織人事のスペシャリストである秋山輝之さんは、これまで以上に雇用や職場に多様性をもたらすと考えています。硬直した日本型雇用のあり方を改善するきっかけになるかもしれません。
新型コロナが働き方に迫る“脱一律”の衝撃。「日本型雇用慣行」がいよいよ終わる
本当に終わるのかな?そこのところは私は懐疑的です。 -----
以上
 

いま話題の記事

PR