TOP > 政治・経済 > サステナブルな昆虫食が続々、「最初の一口の壁」は超えられるか|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社

サステナブルな昆虫食が続々、「最初の一口の壁」は超えられるか|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社

こちらは、サステナブルな昆虫食が続々、「最初の一口の壁」は超えられるかのページです。日刊工業新聞社のニュースをはじめとするコンテンツを、もっと新鮮に、親しみやすくお届けするサイトです。...

ツイッターのコメント(10)

好奇心以外の需要、大切
サステナブルといってもあえて
昆虫じゃなくても
ハチノコとか美味しいって聞くからなー。寄生虫怖いけれど、ちゃんと加熱調理してれば問題無いんだろうから少し興味はある。

見方を変えればカニやエビなんかも虫っぽいからその延長だと思えば少しずつ食えるようになっていくんじゃなかろうか。
そのうちプロテインの原料が「虫」ってのも出てくるかな
#タンパク質
"最初の一口の壁"確かに。 / サステナブルな昆虫食が続々、「最初の一口の壁」は超えられるか (ニュースイッチ)
この「最初の一口の壁」ですが、大人はなかなか乗り越えられないとすると、幼児期の駄菓子として昆虫食ベースのものを食べることはどうだろう。習慣化されれば大人になっても苦にならない。生まれてすぐにスマホがあるのと同じ要領です。
最後はコオロギのイメージが課題になるのか、経済性が課題になるのか。。。
「20年には、昆虫を活用したさまざまな食品が国内で市場投入される予定だ」/サステナブルな昆虫食が続々、「最初の一口の壁」は超えられるか(ニュースイッチ)
昆虫には機能性の素材とかないのかな?
以上
 

いま話題のニュース

PR