TOP > 政治・経済 > 9年越しのJR常磐線全通、“過大な輸送力”10両編成で運行する理由|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社

9年越しのJR常磐線全通、“過大な輸送力”10両編成で運行する理由|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社

こちらは、9年越しのJR常磐線全通、“過大な輸送力”10両編成で運行する理由のページです。日刊工業新聞社のニュースをはじめとするコンテンツを、もっと新鮮に、親しみやすくお届けするサイトです。...

ツイッターのコメント(28)

確か高架区間は貨物が走ることを想定して作ってない設計になってると前に何かで聞いたことあるけど、可能なのか…?
常磐線の特急ひたち。「経済合理性だけでなく云々」と言っているが、いいなって思ったけどよく考えると、1日3本のためにいわきで増解結する人員を確保するなら、仙台駅含め途中駅は10両対応だからそのまま走らせるかってことでは?
おーいJR東海見てるかー。東海道線熱海以西5両は混んで困るんじゃ。313の3連×2で走らせんかい。
北陸新幹線の「つるぎ」みたいに、わざわざ専用編成を作る方が手間だという理由なんじゃない?
>JR貨物の真貝康一社長は「迂回(うかい)輸送を含めて、どう(活用を)考えるか。社内で議論していきたい」と前向きだ。

高速道路が東北道・常磐道と補い合っているのだから、
鉄道だって本来の形にしないと。
還ってきた在来線特急列車が10両編成600人輸送可能な形で、蘇った線路を走る。あれに乗って離れてしまった人がきっと帰ってくる希望を持てる。
@cosumo_pori_tan 写真の良し悪しにしてもダメ写真ですよね。悪意があるからあんな写真が撮れるんだと思います。
JR東の社長の爪の垢でも煎じて飲んでほしいです😤

JR常磐線全通、“過大な輸送力”10両編成で運行する理由| 「経済合理性だけでなく将来に向けた一つの希望の印だ」
"10両編成で定員600人の輸送力は需要に対して過大だが、深沢祐二社長は「経済合理性だけでなく、将来に向けた一つの希望の印だ」と話す"
常磐線の全通には大きな意味がある。
インフラ復旧は復興の駆動力だ。「形だけの復興」などという言葉を差し挟むことは許されない。
JR常磐線全線再開通おめでとう😁👍
『貨物列車も走れる状態にある。JR貨物の真貝康一社長は「迂回(うかい)輸送を含めて、どう(活用を)考えるか。社内で議論していきたい」と前向きだ。』
この記事、タイトルと内容が全く一致していないように見えるのだが…
他の鉄道関連の記事も読んでみたが、言葉が頭を素通りしてしまう。公式発表の断片をかき集めてを右から左に流すだけのような感じだ。
津波で線路が流され、原発の立入禁止の区域になり、復旧にかなり時間がかかりそうに思ったけれども、10年かからなかったなぁ。
9年越しのJR常磐線全通、“過大な輸送力”10両編成で運行する理由
>10両編成で定員600人の輸送力は需要に対して過大だが、深沢祐二社長は「経済合理性だけでなく、将来に向けた一つの希望の印だ」と話す。被災地域と東京をつなぐ、直通列車がもたらす心理的効果に期待がかかる。
他に車両が無いことや分割併合作業の手間はあるだろうけど、どうやって空席を埋めるかに注目。えきねっと割引はかなり攻めてる。
昨年の台風で、身延線が不通になった中央線の代替を遠回りながらも果たしたように、比較的広域なローカル線も国土強靱化の礎として必要。
満を持して、耐久性や利便性などをグレードアップして復活。復興の象徴。
「今回ダイヤこそ設定されなかったが、貨物列車も走れる状態にある」→
数ヶ月もしたら空気輸送になるのは目に見えてるけどね(´・ω・`)
→ダイヤ改正で、 特急では10両編成固定だよね。普通列車は5両編成とのこと。

震災で富岡までだったのは、普通列車は2両編成だった。
9年越しのJR常磐線全通、“過大な輸送力”10両編成で運行する理由 普通電車が10両なのは朝ラッシュは日立で降りる人が多いので、5両は日中だとそれで十分なのですが、それで朝ラッシュは結構混むのですよ。
効果などたかが知れている常磐線の復旧に1000億円も掛けたとは…。その金で中央・総武両線の線路別複々線を方向別複々線に改める原資とし、緩急接続が行えるようにした方が、よほど財産になったのではないだろうか?
仙台支社管内で10両運転って何気にすごくないか?
9年越しのJR常磐線全通、“過大な輸送力”10両編成で運行する理由
将来の希望のために10両編成で運転するとか素敵やん・・・>
10両編成の輸送力は需要に対して過大だが、「経済合理性だけでなく、将来に向けた一つの希望の印だ」

東海道線10両「こっちでも希望を見たい…」
内房線外房線4両「こっちにも希望を…」

JR常磐線全通、“過大な輸送力”10両編成で運航する理由|
こういう意気込みは素晴らしいですね。深沢祐二社長は「経済合理性だけでなく、将来に向けた一つの希望の印だ」と話す。9年越しのJR常磐線全通、“過大な輸送力”10両編成で運航する理由
9年越しのJR常磐線全通、“過大な輸送力”10両編成で運航する理由|ニュースイッチ
以上
 

いま話題の記事

PR