TOP > 政治・経済 > レジ袋有料化で工夫を凝らす小売り業界、素材はプラスチックから何に変わる?|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社

レジ袋有料化で工夫を凝らす小売り業界、素材はプラスチックから何に変わる?|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社

こちらは、レジ袋有料化で工夫を凝らす小売り業界、素材はプラスチックから何に変わる?のページです。日刊工業新聞社のニュースをはじめとするコンテンツを、もっと新鮮に、親しみやすくお届けするサイトです。...

ツイッターのコメント(10)

いろいろ参考になる
今後も日常生活で手にしていた使い捨てプラスチックが他の環境特性の高い素材に次々と変わっていく。
レジ袋を使わない、減らす、素材を変える。レジ袋が海洋プラスチックゴミになってることが問題ならば、アプローチも色々ありそう。良くないはその通りで、何に良くない状態が最もなのかを定量的に見ていきたい
未上場会社の方々は余り慌てずに冷静に対応したらよいと思います。ESGでもSDGSもその昔のSRIなどと同じ世界観です。排出権なるものも自然消滅しましたが、ESGもそのうち消えてなくなります。SRIもCSRもESGも儲かったのはコンサルだけです。
レジ袋有料化で工夫を凝らす小売り業界、素材はプラスチックから何に変わる?

とにかく透明でないプラスチック製の袋はやめて欲しいですね。ゴミにしかならない
コンビニ、小売、スーパーなどすべてのお店で一斉にレジ袋廃止しちゃえば誰も文句言わないんじゃないかな。
んで、580円くらいで買い物バッグ販売していけばいいと思います。
今の時代、布のお洒落なバッグくらいどこのブランドでも作れそう。
脱プラスチックは良いこと。

温暖化の影響で猛暑日・暖冬が当たり前になっているし…

コツコツ継続する小さな努力が環境を変える。
"非プラ資材はプラ材資材と比べて生産コストがかかる短所がある。"
かくて、セクシーに環境問題は取り扱われ、国民負担のみ背負わされて、自分のセクシー行為は許される変な世の中だ。
以上
 

いま話題の記事

PR