TOP > 政治・経済 > 高速「水中Wi-Fi」実現、水中ドローン使いやすく?|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社

高速「水中Wi-Fi」実現、水中ドローン使いやすく?|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社

こちらは、高速「水中Wi-Fi」実現、水中ドローン使いやすく?のページです。日刊工業新聞社のニュースをはじめとするコンテンツを、もっと新鮮に、親しみやすくお届けするサイトです。...

ツイッターのコメント(10)

電波じゃなくて
レーザーなんですね。

高速「水中Wi-Fi」実現、水中ドローン使いやすく?
間違いなく技術革新なんだけど、1,500万円は高いなぁーーー。。汗
水中Wi-Fiが実現すれば、スキューバダイビング中の夢が色々広がるなあ。
位置情報の送受信や水中ドローンによる救急キットの運搬、あるいは生物の所在確認なんかもできるか。めちゃめちゃ可能性広がりそう。
島津が手がける半導体レーザーの技術、耐圧技術、設計ノウハウなどを応用。水深3500メートルより深い海底でも使え、軽くて小さい送受信一体型なので、ケーブルで水中ドローンの有線通信からの置き換えが期待される。
島津製作所:半導体レーザー技術を用いた水中光高速無線通信。陸上では5Gへの移行が進むが、水中では電波通信が使えないため、その代替が必要。今回の方式は水中通信で主流の音響通信に比べ1000倍程度も高速。水中ドローンとの間の水中通信などへの応用が想定される。
水中ドローンを活用した水中エンタメやスポーツも今後どんどん出てくるだろうなと思った。
ドローンがいよいよ陸海空全てで稼働し始めた。点検作業用の専門機から日常の趣味用まで、携帯に続く生活の必需品になるかもしれない。いずれは宇宙もドローンでっていう時も来るかも。
水中も良いけどフリーWi-Fiも、頑張って整備してほしい、、
以上
 

いま話題のニュース

PR