TOP > 政治・経済 > コスト高に政府が難色示す沖縄科技大、予算の抗議は贅沢な悩みか|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社

コスト高に政府が難色示す沖縄科技大、予算の抗議は贅沢な悩みか|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社

こちらは、コスト高に政府が難色示す沖縄科技大、予算の抗議は贅沢な悩みかのページです。日刊工業新聞社のニュースをはじめとするコンテンツを、もっと新鮮に、親しみやすくお届けするサイトです。...

ツイッターのコメント(11)

ちょっとは自分でちゃんとお勉強して下さいよ。
ネットにいくらでも転がってますし。
参考:横浜の水源環境税、緑のふるさと協力隊

例外:沖縄科学技術大学院大学
うまくいっても難色示されることもあるらしい。
議員報酬と桜を見る会の予算削れば良いのでは。
「教員雇用の中心は、無期雇用に向けた若手の有期雇用「テニュアトラック」制度の准教授で、ポスドク4人が雇用でき、当初年収は800万―1100万円。公募の競争率は約80倍だ。一流の教員の指導を希望する学生が集まり、入学の競争率も30倍近い。」
>>日本の標準とかけはなれた豊かさが土台となっているだけに、「訴えは逆効果にならないだろうか?」と個人的には気になった。

もう何も言うまい。
OISTって扱いの上では(特別な)私立大学なのか。国立だと思っていた。 / コスト高に政府が難色示す沖縄科技大、予算の抗議は贅沢な悩みか
予算を与えずに何が科学立国だ。糞で顔でも洗ってこい。
予算を有効活用して期待に応えて国際競争で上位に入ったら、この扱い。
こーゆー予算は削らんでほしい
出したれや… 日刊工業新聞社
これをコスト高とか言っちゃう無能官僚とそれに言いくるめられてる無能大臣が消え去らないと駄目だな…やはり文科省は一度滅ぼさないと…>
以上
 

いま話題のニュース

PR