TOP > 政治・経済 > 何もない空中に触れる映像が浮かぶ…実用化近づく「鏡」の仕組み|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社

何もない空中に触れる映像が浮かぶ…実用化近づく「鏡」の仕組み|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社

こちらは、何もない空中に触れる映像が浮かぶ…実用化近づく「鏡」の仕組みのページです。日刊工業新聞社のニュースをはじめとするコンテンツを、もっと新鮮に、親しみやすくお届けするサイトです。...

ツイッターのコメント(28)

コレすごいな…。未来みたい
動かない部分は3Dというかレリーフみたいにできるだろうか?
|ニュースイッチ
ついにここまできたかという感じです

VRのゴーグルや、ARの眼鏡

これからが本当に楽しみです
人間が想像した技術はいつか現実になるらしい!

SFみたいでワクワクします⭐️
とうとう漫画やアニメの世界が実現される時が来るのかな?
すごい…(*゚∀゚*)
VRゴーグルやARグラスがいらない?🤔💦これはすごいかも🤔💦
これすごくね?
とうとう来たなぁこの時が。いつかのSF映画で観た世界がもう、すぐそこに。
実際に見てみたいな。
想像できるものは全て現実になるんだなぁ
これ早く商品化して欲しい。浪漫溢れるデバイスじゃないですかー
ついにSFの世界の片鱗が現実になった。今後が楽しみ!!!!
立体映像!未来感を感じます。
→これ凄い!!
スターウォーズだ
普通にすごくないかこれ。
センサーと連携させれば、不特定多数の人が触るトイレなどへの活用が想定できるとのこと。
映画アイアンマンでもこんなシーン何回も見た。実在するなんて!!(驚)テクノロジーすごい。技術者すごい。
>この技術は使い道が多そうだな!すばらしい!
これ気になる。
どういう技術か、あとで調べよ。
タンポポの映像が何もない空中に浮かび、綿毛に触れるとふわふわと飛びます。パリティ・イノベーションズが開発した特殊なミラー「パリティミラー」を使って実現した映像です。メガネ型ウエアラブル端末など特殊な道具を装着せずに空中映像が見られます。
まるでSFの世界
近未来が近づいている!?
以上
 

いま話題のニュース

PR