TOP > 政治・経済 > イスラエルの最先端「ICT農業」に、ニッポン農業の未来はあるか

イスラエルの最先端「ICT農業」に、ニッポン農業の未来はあるか

**ほとんど雨が降らないイスラエルが有数の農業輸出国にイスラエルという国に、どんなイメージをお持ちだろうか。日本人の目からは、軍事国家の側面が強いのかもしれない。常に周辺のアラブ諸国と緊張関係にあり

ツイッターのコメント(22)

|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社
>「イスラエルが、世界有数の「農業輸出国」である事実は、日本ではあまり知られていないのではないか。」
普通に考えたら、
こんな条件で農業をやろうとは考えないだろう。

それでもイスラエルは、毎年一定量の農作物を収穫し、人口が少ないため、せっせと他国に輸出している。
どういうことだろうか?

さすがユダヤ人。
農業を行うには非常に厳しい環境であるイスラエルでは、IOTを駆使して今は世界有数の農業輸出国になっているとのこと。

IOTを利用して無駄をなくし効率をあげていくというのは、農業のみならず様々な産業で考えていかなくてはいけないですね。
【ICT農業】それは日本の農業問題を解決し得る先端的農業でクラウド農業とも呼ばれる
土壌の温度、水分、肥料濃度などがリアルタイムで観察出来る手法‼️
確かに日本の農業は質の追及であり、統計がとれない零細の施設栽培の生産性は世界一と言う農工大の先生もいます。こうした匠の技から説明変数を探りだすのが求められているのでしょう。
やっぱ、イスラエル🇮🇱行ってみたい。

6割が砂漠でありながら、農業大国であり続ける。

ICT農業の現状を見てみたいな…
農業大国であるはずの日本がイスラエルから農業を学ぶというのは、考えてみたらとても意外なことですね。
イスラエルはソフト系の企業が多いイメージだったけど、農業もあるのか。
「イスラエルが、世界有数の「農業輸出国」である事実は、日本ではあまり知られていないのではないか。[・・・]衛星画像や、天気予測データが組み合わされ、「明日はどのエリアが水不足になるか」「どのエリアに重点的に窒素を施肥した方がよいか」といった判断が自動的に」
水を効率よく使うように制御できたからこそかぁ。 /
とりあえずKindleで購入。
今から読みます。
エストニアやイスラエルって聞くとどんな印象を持つだろうか?エストニアは世界最先端の電子国家で行政サービスの99%がオンラインで完結する。イスラエルは↓の記事の通り。少なくとも日本はこういった分野では出遅れている。彼らから学ぶことは多い。
IoTとAI、クラウドによってこれまで農作物の育成に適さなかった土地でも農作物を作れるようになるのは素晴らしい!
日本も今の恵まれた土地とITを組み合わせて、農業にさらなる価値を付加して生産性を上げられる可能性が見えてきたのでは。
←すごいね。画期的。日本の農業も学ぶべきところはあると思う。
日本も早くAl を推進するべきですね。
全体的に謎記事なんやけど高い作物って何をさしてるんだろう?
はえ~農業もここまで進んでいるのか!
なすも将来は自動でできたりするのかな?
これ上手くいったら日本でも農業効率が良くなって副業として農家を営む人も増えるんじゃないかな。
農地面積が少なくても日本の農業を立て直せる。
導入の費用をすぐには取り戻せなそう。
Drop irrigation について詳しく書かれていますね
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR