TOP > 政治・経済 > 送電損失95%以上削減、超電導ケーブル実証へ

送電損失95%以上削減、超電導ケーブル実証へ

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と昭和電線ケーブルシステム(川崎市川崎区)、BASFジャパン(東京都中央区)は12日、工場での省エネルギー化を目指した超電導ケーブルシステムの実証試験を...

ツイッターのコメント(12)

ニュースイッチ 日刊工業新聞
NEDOと昭和電線ケーブルシステム、BASFジャパンは12日、工場での省エネルギー化を目指した超電導ケーブルシステムの実証試験を2020年2月にも始めると発表した。
材質その物が改善されるのかと思ったけど液体窒素が必要なのかー。
残念。
まず冷却方法、次に磁気の影響をどう見るか(電磁遮蔽する必要があるか)ってところかな… / (ニュースイッチ)
やっとか。高温超伝導が発見されて、学会で『我々は世界を変えたと思う』と発表した時にはまだOHPで、コイルをその上に転がしたのであった。送電に本格的に使う時は来るのだろうか。//
また電線が盗まれるビジョンが…
なるほどな〜!
「今回の実証実験では、プラント内の既存の冷熱として使われている液体窒素を利用し、超電導ケーブルを冷却」
これ実用時どういう運用考えてんだろ…
地中線常時冷却して運用するんかな…
ついにそこまで来たんだ。凄い。
電気代が安くなったらいいけどなあ
すごい😍
(ここ1年なぜか超伝導への興味関心と知識が増大している皆さんにシェア😎✌️)
すごい!
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR