TOP > 政治・経済 > オフィスをドローンが巡回する“残業防止サービス”が本格営業を開始

オフィスをドローンが巡回する“残業防止サービス”が本格営業を開始

大成はNTT東日本、ブルーイノベーション(東京都文京区)と共同開発した、飛行ロボット(ドローン)によるオフィス内自動飛行巡回サービス「T―FREND(フレンド)」の本格営業を始めた。NTT東の東京都

ツイッターのコメント(11)

|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社
ワンフロア月額40万?
端末台数にもよるが、端末全部ノートのリースにして、20時までにノート没収した方がいい気がする
机上のペーパー類が吹き飛ばされて床一面に散らばりそう
こんなものに月々40万円?
単なる話題取り、本気で残業無くなると思ってんなら、大バカ!
採用する企業もイカれてる。
ホコリ、書類を巻き上げ、いる者のストレスを悪化させ、更なるトラブルの要因だ!
社員の感情面や費用対効果を考えたら、普及するとは思えません。
音がかなりうるさいのでは?

パーテーションとか認識するのか、レイアウトを把握するのかとか技術は気になるけども。。。
正気かと思ってしまうサービス。帰らせたければオフィスの電気を切ればいいと思う。
そのうち、ドローンをハッキングするやつがでてくる。
で、ハッキングする時間はもちろんサービス残業で、
それを問題にした会社が光学迷彩スーツを売り出し、かくして残業ウォーズの果てしない戦いが始まる。
こんなん導入するより給与あげてこんなことしなくても帰れるようにもしてやれ。あとこれNTTが入ってるのがウケるなw二度見したw
監視する人も会社の人なら意味ないやん?その人も残業しなあかんやん?家で監視も嫌やし、どうなん?
4649 大成
ニュースイッチ 2019年02月01日

大成はNTT東日本、ブルーイノベーションと共同開発した、飛行ロボットによるオフィス内自動飛行巡回サービス「T―FREND(フレンド)」の本格営業を始めた   夜間のセキュリティー向上にも利用
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR