【反響】緩和ケア医 45歳の“お別れ動画”…自らも末期がん 唯一気がかりは「家族」

26コメント 2022-09-16 17:05|テレビ朝日

 カメラに向かって笑顔で手を振る男性。男性は、がん患者に寄り添い、体の痛みや精神的な苦痛を和らげる緩和ケア医です。今年4...

ツイッターのコメント(26)

ジーンとくるお話。
この神戸の先生,お亡くなりになっていたのか....
随分前にドキュメンタリーで拝見していた。

ご自身でご自身の最後を片付けて行かれたのだな。潔くて凄いな
最後の時に感謝を述べられるのは凄いなぁ
年齢があまり変わらないのを感じると
このままでいいんかなぁと思わされたり

今するべき事が正しいのか考えたり( ´Д`)

課題を感じるなぁ
最高の人生。素敵な人やね。
#がん 
#健康診断受診しましょう
#偉大なドクターのご冥福をお祈りします 残念です
色々なことを考えた動画
今から書く事は全く根拠は無い一個人としての感想

癌の研究医は手袋等防護していても直接癌細胞を扱う為に「悪性腫瘍」になる可能性が高いと何かで聞いた様な気が……

緩和ケアでも癌患者1000人ともなると何かの拍子で「悪性腫瘍」を体内に取り込んでしまったのだろうか……
最後の最後まで、誰かのためにが自分のしあわせ

素晴らしい生き様だなぁ。。。

緩和ケア医
父が40代で亡くなってるので、この動画辛くて見られなかったのですが…父は突然死だったので、父もこんな気持ちだったのかなぁと思いながら見てました。

緩和ケアの医師には母の時にお世話になりました。
関本さんのお母様も緩和医なのですね…ご家族お辛いだろうな。
自身が緩和ケア医だからこそ色々思う事もあったんだろう。夜中に泣いた。
余命を言い渡される事もあれば、ある日突然激しい頭痛がしてそのまま天国に行く事もある。
今日も無事に生きてる事に感謝。
今朝の胡桃堂の朝モヤテーマは「もし死ぬのが怖いとしたらどんな所?」
挙がった感想
・肉体的精神的苦痛
・何が何だか解らなくなる、解らないのが怖い
・全てを失ってしまうのが怖い

でも本当に全て無くなるの?
↓↓↓↓
 45歳の“お別れ動画”
感動しました。なんて立派な最期。私と殆ど同い年なのにこんな堂々として晴れやかな振る舞い。充実した人生が羨ましくもあります。
若いと癌の進行は恐ろしく早いと聞く
患者さんの死を看取る最中も自分の生とも向き合い、家族の事も気がかりとなるとさぞ辛かっただろう
凄いお方です
最後まで
立派なお方です
ご冥福をお祈りします🌈
緩和ケア医  >心に残したい生き様の一片。
45歳の“お別れ動画”…
自らも末期がん 
唯一気がかりは「家族」


生前の挨拶の動画良いね。
9月12日にこちらにもご紹介しましたが、今回は撮影の裏側をご本人が語って下さっている動画です。昨日までに319万回再生されています。ご本人は亡くなる1か月前の同僚の先生とのビデオです
泣いた…
悔いのない人生歩みたい
地下鉄で見ちゃダメなやつでした。涙が止まらない
緩和ケア医でも最初は私たちと同じように嘆き悲しむんだということを知り、自分がそうなるのは当たり前だと思えて気持ちが楽になった事を覚えています。
その後の生き様は見事でした。いつか向こうでお会い出来たらいいなと思います。
最期を覚悟した後ってこんなに冷静なんだな。
感動した。生き方死に方、そして『受け入れる』ということに。 ご冥福をお祈り申し上げます。
生きた証を残す。素晴らしい。
良い悪いではなく、この方の人生は多くの人に勇気と希望を与えた事と思う。
これを見て考え込んでしまった。残りの人生でどうしてもやらなきゃならないこと、何かあるかなって...
メドベッドがあればなぁ…😢😢😢
かっこいいな。
以上
 
PR
PR