TOP > 社会 > クルーズ船で対応の厚労省職員と検疫官が感染

クルーズ船で対応の厚労省職員と検疫官が感染

 横浜港のクルーズ船で、事務作業や検疫を担当していた厚生労働省の職員1人と検疫官1人が新型コロナウイルスに感染していたことが新たに分かりました。 厚労省によりますと、感染が確認された職員は40代の男性で、15日からクルーズ船に乗り、事務作業をしていました。23日昼に倦怠(けんたい)感などを訴え、検査を受けたところ、感染が判明しました。20日に感染が確認された厚労省職員ら2人と、同じ事務室で仕事をしていたということです。また、検疫官は5...

ツイッターのコメント(10)

クルーズ船対応で厚生労働省内でクラスター発生したって話聞かない
感染者は出たけど封じ込めに成功したのかな
“クルーズ船の対応にあたり感染が判明した政府関係者は、厚労省の事務職員3人、検疫官2人、内閣官房の職員1人の合わせて6人”
でしょうね!ってなっちゃうじゃん職員たちもかわいそうに。
ほれ
言わんこっちゃない
岩田健太郎先生の指摘通りになってきた
「20日に感染が確認された厚労省職員ら2人と、同じ事務室で仕事をしていた」→
[2020/02/24 16:25]


 横浜港のクルーズ船で、事務作業や検疫を担当していた厚生労働省の職員1人と検疫官1人が新型コロナウイルスに感染していたことが新たに分かりました。
新型コロナウイルスへの対応のために横浜港のクルーズ船に乗った厚生労働省の職員1人と検疫官1人が新型コロナウイルスに感染していたことが新たに分かりました。
あんな杜撰な対応をやってれば「やはりそうか」という感想しか持てない。厚生労働省は事態の重大さが理解できずに、COVID-19をかなりなめてかかっているんじゃないだろうか?日本一、あほな省庁だけのことはある。 -
「厚労省の職員は今月15日からクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」で船内の業務の進行を管理していました」、「50代の検疫官の男性は今月3日から21日までの間で複数回、クルーズ船内で作業をしていた」/
以上
 

いま話題のニュース

PR