TOP > 社会 > さいたま市・小4男児殺害事件 義父の逮捕状請求へ

さいたま市・小4男児殺害事件 義父の逮捕状請求へ

 さいたま市で小学4年生の男の子が殺害された事件で、警察は死体遺棄の容疑で同居する32歳の父親の逮捕状請求の手続きに入りました。 警察によりますと、32歳の父親は、さいたま市見沼区の集合住宅で進藤遼佑君(9)の遺体を向かいの部屋のメーターボックスに遺棄した疑いが持たれています。警察は、父親の逮捕状請求の手続きを始めました。進藤君の首には絞められたような痕がありました。捜査関係者によりますと、事件直後、父親は母親に「英語塾に行くの...

ツイッターのコメント(13)

いい加減ゆとりの再教育したら?子供が可哀想過ぎる
やっぱり本当の父親ではなかったか
母親は何を血迷ったか10才年下の無職と結婚したんかね…
考えられないわ
これ、普段から虐待とかあったんじゃないのか・・・・・ / “ 義父の逮捕状請求へ”
無職の義理の父。こればっかり…
*【速報】「さいたま市・小4男児殺害事件 死体遺棄容疑で義父の逮捕状請求へ」
 
… 9月19日付のテレ朝 new より。

また〝連れ子殺し〟だ … いつになったら、この悲惨の連鎖が終わるのか?
|テレ朝news
やっぱり親父が犯人じゃん
状況証拠が完全に答えだしてたからね
みんなが想像してた通りの結果になりました。中には「義父・無職というだけで疑うのはどうかと」という意見もありましたが、結果「無職の義父はどうせ…」という印象を強める結果になってしまいました。
うん、まぁね。
以上
 

いま話題のニュース

PR