TOP > 社会 > 路上で覚醒剤を所持 東京都市大教授を逮捕・起訴

路上で覚醒剤を所持 東京都市大教授を逮捕・起訴

 東京・新宿区の路上で覚醒剤を所持したとして東京都市大学の教授の男が逮捕・起訴されていたことが分かりました。 東京都市大学人間科学部の教授・大野和男被告(51)は2日午前1時すぎ、新宿区新宿の路上で覚醒剤を所持していたとして現行犯逮捕されました。その後、大野被告の尿から覚醒剤の陽性反応が出たことから所持と使用の罪で起訴されました。捜査関係者によりますと、警察官が大野被告を職務質問したところリュックサックの中から覚醒剤が見つかったと...

ツイッターのコメント(15)

「え?明日リアルするはずだった人が捕まってる!」

っていうやつ今回は出てこないの?🤫
見覚えがある場所。
シャイマw
おかまの股間うつしすぎではw
あら2丁目じゃんw
発展場帰りを職質されたな?
新宿二丁目。
ちょっと!!!ここ!!!
東京って、こわいとこだべー。
なんというシャインマート!
あちゃー場所が…、それと年齢が…
あーあー場所が:
執行猶予付いているとは言え、教授のままでいられるんだね
モロ2丁目じゃんwシャインマート出てるし
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR