TOP > 社会 > 三浦雄一郎さん ドクターストップで登頂を断念

三浦雄一郎さん ドクターストップで登頂を断念

36コメント 登録日時:2019-01-21 08:26 | テレビ朝日キャッシュ

 34年ぶりに南米大陸最高峰「アコンカグア」の登頂に挑戦していた86歳の冒険家・三浦雄一郎さんがドクターストップのため、山頂アタックを断念しました。 標高約6960メートルの南米大陸最高峰「アコンカグア」の山頂を目指していた三浦さんは18日、標高6000メートルの地点まで到達して天候の回復を待っていました。しかし、三浦さんの事務所によりますと、同行していた医師がこれ以上、標高の高い所に行った場合、心不全を起こす危険性があると判断した...

Twitterのコメント(36)

そのチャレンジ精神に敬意を表します!
お気をつけて!!!
それでも無理しない方がいいだろう。
三浦さんなら可能だったろうけど「大丈夫」と太鼓判を押して何かあったら困るから医師の判断は安全マージン盛り盛りになっちゃうよね。
これからも記録にこだわらないご活躍を期待してます!
プロが状況を冷静に判断して止めることも、それを受け入れることも勇気。
生きて帰ってきてこその挑戦だと思います。
息子は安堵しただろうな…
無事に帰ってきてください😿
そうですか。結果ありきのスポーツとは異なり、挑戦する意思と姿に勇気をもらった人も多いと思います。お疲れ様でした。
勇気ある撤退。無茶をしない判断力はさすがだ。
無理をしてはいけない、引き返すと言うことも大事だということを後輩に示すためにも断念は正解だと思います。
断念といえども、チャレンジする気持ちや準備は凄いね!
見習わないと!
同じドクターストップでも、ハンストをやっていた輩とは格が違いすぎる。
登山家はどこまでも高みを望むのが宿命?
三浦雄一郎さん!強行すればよかったのにね死ねばよかったよ!迷惑だと思うよ他人に迷惑を掛けて我が思いを貫く最低爺いだ! 。
いい判断ですね 生きていればまた挑戦できます
このドクターストップは、どこかのハンスト野郎と違い、日本国民納得の勇気ある決断です。
たった960mが生死を分けるんだよね
決断する勇気が何よりすばらしいと思う!
残念ですが、身体が大切です。
登頂断念とか言ってるけど、6000まで行ってる事自体とんでもない事なんだけれど。/
「無謀な冒険より命大事、勇気ある撤退‼️」
プロジェクトとしてやってる以上、今回のように周囲のアドバイスを聞き入れて撤退する勇気を持てるのって大事ですね。さすが一流。
嗚呼セサミン…。>
84才だから心配してたけど・・・。
気をつけて帰ってきてください。
お疲れ様でした。
何歳になっても自分はできると信じてチャレンジし続ける。

三浦さんにとって今回の登頂断念は失敗ではなくて、次への大切なステップなんだろうな。

本当に見習うべき人。
今朝の天声人語で、氏の元気な様子を読んだばかりなのに。またチャレンジしてほしいですね。
残念、お疲れ様でした。
昨年末にレストランでお会いし、お元気な姿に感動していました。お話も力強くまったくお年を感じさせないお姿でした。
勇気ある断念、お疲れ様でした。三浦さんの行動は色々な人に勇気を与えてくれます。
益々のご活躍を。
同じ「ドクターストップで断念する・・・」でも印象が全然違う(笑)
どうしてだろう
同じ時期に ドクターストップの報で
こんなに違和感を 感じるのは…
致し方ないですね!
でもその決断できたのは素晴らしい!
そこまで記録作れたのもこういった決断が関係してるんですね。
お疲れ様。チャレンジに拍手!
悔しいところもあろうけど英断。高地順応しながら、ここまでキャンプをすすめてきたのも大変なことですわ。撤退も含めて賞賛。
むりか〜
>同行していた医師がこれ以上、標高の高い所に行った場合、心不全を起こす危険性があると判断したため山頂へのアタックを断念しました

同じ『ドクターストップ』でも、凄い違いですねぇ(ーωー)
そうだよ、これでいいのよ。十分がんばったよ。命あってのことだもの。これからは執筆や講演で元気に活躍してほしい|
以上

記事本文: 三浦雄一郎さん ドクターストップで登頂を断念

関連記事