TOP > 政治・経済 > 総理「シンクライアント方式」名簿データは復活?

総理「シンクライアント方式」名簿データは復活?

 安倍総理大臣は2日、削除された招待者名簿の電子データについて復元は不可能だと答弁しました。ここで注目された言葉が「シンクライアント方式」。疑惑は払拭できるのでしょうか。 立憲民主党・黒岩宇洋議員:「担当者が分かっているというところで、その方に確認して(招待状の)60番台は総理枠だったんではないですかと」 内閣府担当者:「当時の担当者を特定できるとは言いましたが、確認をするというところまで確約をしたのかというと、その記憶はない」 ...

ツイッターのコメント(10)

もう既にどこかで復活してるよーな気もするが・・・、
表に出てくるかがKeyですな
自民党・二階幹事長:「大体こういうことであったということが、ほぼ皆に分かっただろうと思うから、これで結構じゃないかと思っている」
誠実に話そうという気がまるでない信頼できない人間として出来損ないなのは確認できた。地獄の奥底まで追い詰めなくてはならないね。
息を吐くように嘘をつく方がこの国の総理大臣であることが最大の不幸だし騙されていることを気付きもしない気付こうともしない妄信的な信者がいることは最早恐怖だと思います❗
安倍「シンクライアント方式」名簿データは復活? ←ようやくシンクライアントが重要なキーワードだと認識し始めた。遅い。
これで、幕引きになんかさせるわけないはず!
ここまで報道しておいて「このまま幕引きとなるんでしょうか」はショボい。せめて「このまま幕を引くつもりでしょうか?」で視聴者に問いかけるくらいはしよう?
シンクライアント方式ならサーバーバックアップ絶対あるから復活は可能だなあ、高くはつくだろうけど。
そうとは限らないだろw シンクライアントかどうかはあまり関係無い。
立憲民主党・石垣のりこ議員:「シンクライアントシステムだったら、逆にデータは残っているだろうと」
内閣府担当者:「当時の担当者を特定できるとは言いましたが、確認をするというところまで確約をしたのかというと、その記憶はない」

でた!伝家の宝刀〝記憶はない〟!!
以上
 

いま話題のニュース

PR