ウクライナ危機でアフリカが見せた“怒り”のスピーチ 世界中で大きな反響|テレ朝news-テレビ朝日のニュースサイト

20コメント 2022-03-03 18:10 テレビ朝日

ツイッターのコメント(20)

折りにつけて読み返したい。
"勝手に国境線引かれた"側のスピーチに感動する前に反省したほうがよろしいのでは…
私たちはまだ侵攻を止められていない。中には,このことを忘れかけたり,いわゆる「トンデモ歴史観」に陥ったままの人もいるようだ。改めて,この問題の枠組みを理解できる&圧倒的に胸を打つ記事はこちらです👉。
いまさらケニア国連大使のスピーチを知ったんだけど、すごくいいな。
ケニア大使の御気持ちが
地球上の殆どの人々の思いでしょう。ただ、それぞれの国の事情でそうは言えないとしても。
平和と調和が人々の望みですね‼️
ケニア国連大使キマニ氏のスピーチ全文。民族、人種、宗教の同質性に基づく建国を否定。

ウクライナ国内のロシア人を助けたい?国連決議も得ずに国境を超える理由になるとでも?
これはすごく重要な指摘。
民族に固執する限り、争いは続く、アフリカはそれよりも大事なものを選択したと。
このような戦闘が起きる度に言及されてほしい。
和訳付きスクリプトあるやんけ!素晴らしい教材……
歴史の中で、勝手に決められた国境の存在

この文章の中には
さまざまな痛み、苦しみの歴史と
それでも未来を選ぶ時に何が大事かを伝えていると思う
ケニヤ大使のスピーチは心打たれる。
品格が違うというか /
この歴史を知ることが凄く大事だと思った。
ロシアがウクライナ侵攻したメリットは少ないのだけど、メンツやプーチン認知症説以外だとすれば何が引き金になったんだろう?
ニュース内容には非常に感銘を受けるが、引用英文中のコンマを全角の読点にするなよ、テレ朝。

こういうところでもリテラシーレベルの低さが露呈する。
ウクライナ侵攻でアフリカが見せた“怒り”のスピーチ
植民地時代の宗主国に国境を引かれたアフリカからの侵攻批判。アフリカの現実も厳しく、綺麗ごとのようでもあるが、数百年の歴史を背負う含蓄の深いスピーチではないだろうか
以上
 
PR
PR