TOP > 社会 > 巨額損失の政府系ファンド 役員の満額退職金に理解

巨額損失の政府系ファンド 役員の満額退職金に理解

6コメント 登録日時:2019-06-14 18:58 | テレビ朝日キャッシュ

 92億円の損失を抱える農林水産省が所管する政府系ファンドが損失を拡大させた役員に満額の退職金を支払うことについて、吉川農林水産大臣は理解を示しました。 吉川農林水産大臣:「(Q.(満額の退職金は)国民の理解得られるか?)個別の投資の成否に左右されるものではないと認識している」 「農林漁業成長産業化支援機構」は政府が成長戦略として300億円を出資していますが、累積損失は92億円に膨れ上がっています。機構は出資先の企業の破綻で6億...

Twitterのコメント(6)

1400万円の退職金を貰う同役員は誰なんだろうか?これだけの損失を出したのだから受け取りを辞退しないのかな?責任を取って。
自浄出来ない日本社会
もう亡びても仕方無い。
誰が理解すんのこれ?
農水省の政府系ファンド「農林漁業成長産業化支援機構」。政府が300億円出資し、損失が92億円。退職する役員に退職金1400万円。
cisさんの本にも書いてあるとおり、「出資させたらそこで勝ち」というのはホントだなと。
普通 損失だしたら
家も資産も全て無くなるほどの丸裸になるもんじゃないの?
こいつらだけ 普通に退職金まで税金で出すなんて どう考えても 変だろ〜
楽ちんだねぇ〜。給与も退職金もなくていいんじゃないでしょうか?
何にもせずに、税金を無駄にしたのだから。
責任とっていただきたいですね!!!!!!!
投資を成功させる自信があるなら自分で調達したお金でやれば良い。政府がやると担当者が成功させるインセンティブも減るから本人にも良くない。:
以上

記事本文: 巨額損失の政府系ファンド 役員の満額退職金に理解

関連記事