TOP > 社会 > 日立が英への原発輸出で最終調整 撤退の可能性も

日立が英への原発輸出で最終調整 撤退の可能性も

 日立製作所が計画しているイギリスへの原発輸出を巡って、最終調整です。 関係者によりますと、日立の中西会長は、今月3日にイギリスのメイ首相と会談し、イギリス側の出資額の拡大や、原発の価格保証を引き上げるよう求めることが分かりました。日立が進める原発の建設計画は、事業費が3兆円にも上り、東芝のようにさらに建設費が増大するリスクもあるため、イギリス側と出資額などを交渉してきました。日立は好条件が引き出せなければ撤退も視野に入れていて、...

ツイッターのコメント(13)

撤退しなよ。その方が、会社の保身のためにもなると思うよ。
リスク管理のできていない、官製市場の社会主義性
撤退しましょう。東芝のあとを追うことになるだけでは?:
もう原発建設から日本企業は撤退した方がいいと思うよ。
無理案件にすぎる。
頑張れ日立!好条件で契約だ|
見逃してた。
なんぞこれは。
日立さんもう時代は原発じゃないってわかるでしょ?
撤退しかないから。
国民負担とかふざけんな!!
そのうち北朝鮮にも、、、
これ失敗して日本国民の税金を投入することになったら日立の商品の不買運動が起こるんじゃない。
今のうちに潔く撤退してください。
日立製作所の経営精神では、
利益が出ないリスクのある事業はやらないはずでは!
日立が英への原発輸出で最終調整。撤退の可能性も。
東芝のように建設費用が増大して損失が出た場合は、巨額の国民負担に。
トルコもイギリスも原発は採算に合わん。安倍総理が原発輸出と言うから仕方なくやっているんだろう。金融機関も出したくないと思うがなぁ。
お、メイ首相と会って話すのね…
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR