レインボーフラッグと間違えて…ブラジルの州旗を持つ男性に詰め寄る カタールW杯

14コメント 2022-11-23 20:16|日テレNEWS

サッカーワールドカップ開催国カタールで性的マイノリティーへの人権侵害が指摘される中、当局が、ブラジル人男性が持っていた地...

ツイッターのコメント(14)

もう無理やろ、カタールの後進性・迫害直球暴力を擁護やスルーすんの
▼【#表現の自由2022】 カタールW杯当局

>>カタール当局は男性から旗を取り上げ踏みつけ、男性が携帯電話で撮影していたところ携帯電話も取りあげられたということです。

#NoJusticeNoSports (@∀@)
|日テレNEWS

踏みつけ、のところに考え方が如実に表れている。
|日テレNEWS
カタールでのワールドカップのこうした負の面は、直視しなくてはならない。
こんな国で開催される大規模スポーツイベントで、どうして大々的に盛り上がることが出来るのが不思議でしょうがない。
このような対応ひとつひとつが、性的マイノリティーの方々の尊厳を傷つけていると私は思います。
人権踏み躙る、カタールのようなところでは国際試合を開催すべきではないのでは?こうした対応はそう思わせるレベルだ。
これがFIFAの庇ってる体制👎
「当局は男性から旗を取り上げ踏みつけ、男性が携帯電話で撮影していたところ携帯電話も取りあげられた」

レインボーフラッグと間違え…当局者がブラジルの州旗を持つ男性に詰め寄り強奪 - カタールW杯
「間違えた」ことが問題ではなく、レインボーフラッグが禁じられてることそのものがこの大会がFIFAの憲章や国連人権規約に反してることを示している。
カタールサッカーW杯開催中、とある方が虹が描かれているブラジル東部の州旗を持っていたところ、当局はLGBTQ+を象徴するレインボーフラッグ🏳️‍🌈と勘違いし、旗を取り上げた。
こんな国で開催させちまったのは、完全に汚点だ。

 カタールW杯
日本とドイツのジャージーのadidasラインは明らかにレインボー何だけど大丈夫なんかな。。
サッカーW杯開催中のカタール、ブラジル人男性が虹の描かれたブラジル東部の州旗を持っていたところ、当局は性的マイノリティを象徴する「レインボーフラッグ」と勘違いし、旗を取り上げ踏みつけたと。まさに当局の姿勢が象徴。最後は空にかかる虹まで"規制"されるのだろうか。
以上
 
PR
PR