TOP > 社会 > AIバブルの崩壊は、いつか起きる - 東大 松尾豊教授が語る深層学習の未来|ソリューション|IT製品の事例・解説記事

AIバブルの崩壊は、いつか起きる - 東大 松尾豊教授が語る深層学習の未来|ソリューション|IT製品の事例・解説記事

Deep Learning Lab(DLLAB)2周年イベントに登壇した東京大学大学院 松尾豊氏。同氏はディープラーニングをビジネス化していくための2つの可能性を示した後、企業におけるAIの導入方法について解説した。...

ツイッターのコメント(10)

深層学習より現段階ではテキスト入力を基本とする機械学習のほうが少ない計算量で高精度の予測が可能なケースも多い。
画像を基本入力とする深層学習は計算速度が命。本領発揮には量子コンピュータ級が必要。
技術の特性を見極め使いこなせなければ全てはバブルでは
"エレベーターは、一階から二階へ上がる技術ではなく、高層ビルの建設を可能にした技術である"

痺れました
こういう本質を、パッと言えるような人間になりたい
「ディープラーニングをビジネス化していくには、自動化と感性の両面が大事」

ということです。

私は「感性」には全く自信がないので、自動化に集中した方がいいのかな。

それとも、「感性」を磨く?
それって、どうやればいいのかな?
ご参考までに
▼AIバブルの崩壊は、いつか起きる - 東大 松尾豊教授が語る深層学習の未来|ソリューション|IT製品の事…
弾ける前に転職したい
ディープラーニングをビジネス化するための可能性の1つは「熟練の”眼”のスコア化」、もう1つは「中心的な作業の自動化」という。また、インターネット・バブル崩壊のような現象が、ディープラーニングにも起こりうるとし、調整局面が必ずくることを頭に入れて欲しいと主張。
松尾教授が言うと説得力が違うな。
熟練の目のスコア化なんてしたらそれこそ失職が相次ぎそう。
マジで先端追いかけないと生きていけない時代が近付いてる感じがする。
ディープラーニングはまだビジネスになっていない
なるほどな( )
以上
 

いま話題のニュース

PR